fc2ブログ

(962)レース中に出会った人たち(山中温泉トレイルレポ)

やべっちです。

暑い土日でしたね。皆さん走りましたか?
自分はこの土日まで休養としました。
明日から再始動。頑張ります。


さて、大会HPに、今回の第6回山中温泉トレイルレース80Kのリザルトが掲載されていました。

出走人数 397人
完走者数 125人
完走率 31.5%

2015年第1回大会(27.6%)に次いで、今回は過去2番目に低い完走率だったようです。
今回完走できた人はほんとすごい。
女性完走者も10人ちょっといたようで。
そういう女性とは普通に生活していたらまず出会うことはないんだけど、こういうところにはぞろぞろいて驚きますw

リタイヤや関門アウトした人数を見ると、真ん中の、第2関門で終わった人が一番多い様子。
大日山やね。きつい山だった。
伊吹山と同じくらいの高さの山で、コース中の4大ボスのうち2番目に登場のボス。


自分の今回の公式タイムです。
( )内は2019年大会でのタイム。

スタート~第1関門 4:17:07(3:43:06)
第1関門~第2関門 5:47:16(4:58:58)
第2関門~第3関門 1:21:52(1:05:31)
第3関門~第4関門 4:02:56(3:20:54)
第4関門~ゴール 記録なし(3:06:06)

2019年と比べると、予想以上に大きなタイム差があってびびる。
2019年、どうやってそんなタイムで走ったん?自分。
今回、第3関門~第4関門はかなり歩いたものの、第3関門までは特にサボったつもりないけどな。
こんなに差があったかと数字的にみると、正直ヘコむ。


夜が明けるスタート前、みんなで撮った写真。
暗いし、ぼやけているのでこのままでw

左から、やまけんさん、シュピさん、自分、KATSUさん、もりもりさん。

このときは、みんな5人とも完走できるものと疑っていなかったけど、この中でまさか完走が1人だけとは衝撃。
もりもりさん、完走おめでとうございます!素晴らしい。強いですね。


///////////////////////////////////


今回、最後の区間となった第3関門~第4関門で、印象に残る、いい出会いがありました。
これだけしっかり書いておこうと思います。


第3関門を出発したのは16時半頃。
第4関門の制限時刻は19時で、残された時間は2時間半。
でも、第3関門~第4関門の区間は、約3時間が必要で。
なので、第3関門を出発する時点で第4関門通過は絶望的だった。

考えても仕方ないと、とりあえずスタート。
山に入るまでの舗装道・林道は何とか走り、山に入って登りが始まると歩き始めた。

そしてほどなく急登。
早くも息が切れ、めっちゃ苦しい。

しばらく急登をハアハア言いながらひとり登っていた。
けど、ある時ぷつっと切れて、立ち止まった。

この区間、始まったばかりでこの苦しさ。自分こんな状態で第4関門まで行けるのか?
今からでも第3関門まで引き返してリタイヤ申告したら、この苦しさから逃れられるな、
と、まだまだ先の見えない急登を見上げながら、考えていた。

そこに、後ろから2人のランナーが現れた。

2人に話しかけた。
そして、第3関門まで戻ってリタイヤしようかどうか迷っている、と言った。
2人とも富山から来られた方とのことだった。

2人とも、もう第4関門には間に合わないとは分かっていた。
でも、先に進める限りは、自分ではリタイヤはしないと言う。

1人の方は、以前出た別の大会で、まだ先に進めたのに途中であきらめてしまい、終わった後になんでもう少し頑張らなかったのか悔やんだという話をしてくれた。

何でもそうだけど、自分であきらめることと、他人から引導を渡されることは違う。

マラソンは自分自身に挑戦するためにやっているんだよね。今回なんてわざわざ山中温泉まで来てさ。
じゃあ自分であきらめたらあかんよね。やめるのは簡単だけど、間違いなくその後もやもやするよな、
と話していて思い直し、2人に、第4関門まで一緒について行かせてほしいとお願いした。

快くOKしてもらって嬉しかった。

あのとき、自分1人だったらあきらめていたかもしれない。
自分が第4関門まで行けたのは、あの2人のおかげ。
背中を押してもらった。

道中、色々話して、いい経験、貴重な経験ができた。あそこであきらめなくて良かった。
偶然出会えた2人に感謝。
何でもそうだけど、弱気になったとき、一度、背中を押してくれる人って必要だ。
ありがとうございました。


山の中で日暮れを迎え、3人でヘッドライトをつけて下山。
山を下りてからは、「あそこにホタルがいた!」とかわいわい言いながら、第4関門に到着しました。

そしてスタッフの方にレース終了のチェックを受け、
その後、収容バスに乗る前に撮ってもらった今回の想い出の写真。



2人とも、尊敬できる強い人たちでした。
今回完走できなかったけど、2人のおかげでちょっと成長できたような気がします。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ
UTMF完走を目指しています


にほんブログ村

【主な戦歴】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:24'14"
〈グロス3:24'22"〉
(2022.2ランナーズフルマラソンチャレンジ)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村