fc2ブログ

(958)インターハイ県予選会を観戦

やべっちです。

6/3(金)~5(日)の3日間、鴻ノ池で、陸上競技のインターハイ(高校総体)県予選会がありました。
この大会での各種目の上位入賞者(だいたいの種目で6位まで)がまず今月中旬の近畿大会に進め、
さらに近畿大会での上位入賞者が8月の全国大会に進めるという仕組み。

自分、2日目と3日目の競技をバックスタンドで、両日とも4時間ほども見てきました。
もちろん、陸上競技場への行き帰りは走ってw
こんなにがっつり県予選会を堪能した人はなかなかいないだろうw

ただ、残念なのは、息子のトッティの応援ではなく、トッティが中学のとき一緒に走ったりしてた同級生や1つ上の先輩たちの応援。
みんながどれくらい頑張るのか、トッティの世代の県内最速は結局誰という結果になるのか、生で見たかった。

実は、トッティが通う学校はインターハイには出られなくて。
インターハイとは全国高等学校総合体育大会の略。
トッティの学校はちょっと特殊校で、高等学校には当たらないらしく。

トッティがインターハイに挑戦できないと知ったとき、愕然とした。
えー!3年生までは出場させてくれてもいいやんか!
高校野球では県予選に出場させてもらっているのに、なんで陸上競技はあかんねん!

中3のとき進学先についてトッティにアドバイスする際、あらかじめこのことを調べて教えてあげればよかったと、今でも悔やんでいる。

トッティのインターハイ挑戦、見たかったな。
でもまあ現在、トッティは毎日楽しそうに学校に行っているけどね。よかった。
これでトッティが学校楽しくないと言い出したら、自分悔やんでも悔やみきれないw



で、県予選会の話に戻り。


これは、200m走決勝のスタート前。

目の前で見させてもらった。
トッティが目標としていた子たちが出そろう。みんな本気。
ピリピリした独特の緊張感いっぱいでした。


この200mもだけど、この2日間で最も印象に残ったのは、やっぱり100m走。

インターハイ予選で100mや200mを勝ち抜くのはなかなか大変なんですよ。
1日のうちに、予選・準決勝・決勝の3本を走り切らないといけない。
しかも、各レース間隔は1時間半~2時間程度で。
予選・準決勝は、当然勝ち抜くとともに、決勝を走る力も残しておかなければいけない。

100m走のファイナリスト8人のうち、5人は中学の頃からよく見てきた子たちだった。
トッティと同じ2年生が3人、1つ上の3年生が2人。

最近の実績を考えれば、2年生のTくんとMくんの勝負。この2人、スーパー速い。
次に来るのは3年生のGくんだけど、Gくんは中3のとき県内チャンピオンだったものの、高校に入ってからはあまり調子が上がらずだった。

で、いよいよ100m決勝のスタート時間。
放送で選手の名前の紹介があり、ほどなく、オンユアマーク、、セット。
そして号砲が鳴った。

予想通り、Tくん先頭。
50m過ぎ、その横を抜けてきた選手が見えた。Mくんが来たか?
いや違う、あれはGくん!

Gくんが100mを制した。10秒76。
彼が1着でゴールラインを通過したとき、ぞくぞくした。
さすが3年生。根性出した。

自分の記憶では、彼は中3のとき以来の栄冠。
しっかり仕上げてくる能力が素晴らしい。

彼は高校1、2年は結構苦しんだと思う。でも、立て直した。

何でもあきらめたらいかんね。
元気もらいました。


そうだ。
あと、もう1種目についてだけ書く。

今回見ていて結構衝撃を受けたのは、3000m障害。
通常の高校記録会ではあまりやらない種目で、でっかいハードルを28回、水濠を7回越える。
テレビでは、三浦龍司とかがひょいひょいって簡単に飛び越すのを見るんだけど、水濠も実際近くでみるとかなりでかい。

見ていたところ、高校陸上では水濠をジャンプして着水するとき、バランスを崩して尻もちついて、胸まで水に浸かってしまう選手続出。
何人かは水を滴らせながら走ってた。
なにこのひどいトラック競技w

後半、疲れて蛇行している選手も何人もみられて。
テレビで見るよりはるかに過酷そうで、衝撃的でしたw


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ
UTMF完走を目指しています


にほんブログ村

【主な戦歴】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:24'14"
〈グロス3:24'22"〉
(2022.2ランナーズフルマラソンチャレンジ)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村