fc2ブログ

(713)金曜夜の暗峠練のいきさつ

やべっち(沢北刈り)です。

突然だけど、自分、髪型は一応、スラムダンクの山王工業の沢北くんをイメージしている。
いや、これはまじでw
批判は断じて受け付けませんw

角刈りと言えば、こち亀の両さんみたいなんを言うやろ?
自分の頭、角ばってないし!
だから今後は、やべっち(沢北刈り)でぜひお願いしますw



さて、この週末は金剛山練とかポンポン山練とかあった。
けど、まず金曜の暗峠練のことを書く。
いやね、金曜日、暗峠に走りに行ったんですよ。夜にw

というのも、先週半ば、突然あやたさんから「暗峠は夜でも街灯の灯りだけで走れるか」ってLINEが来てですね。

ほら、最近、あやたさんて、しきりに暗峠に登っている感じじゃないですか。
これまで、断固として平地しか走ってこなかった人なのに。

これはどうしたことだ?どういう風の吹き回しだ?何の伏線だ?と気になっている人も多いはず。
でも、誰もブログにつっこみのコメントを書きゃしない。
けど、自分が知るこの7~8年では無かった話で、大変化なわけですよ。
それなのに、みんなスルー?w


そんなずっと平地民だったあやたさんから、夜は暗峠を走れるかと聞かれた。
そうですか。夜、暗峠に行きたいですか。本気か?

でも、もともと暗いので「暗峠」という名前がついたくらいですよ。
そりゃ、夜は暗いですよ。
真っ暗闇の中を行って、神隠しにでも合いたいんですかw

でも、酷道308号は一応舗装道で、トレイルとかじゃり道ではなく、
斜度的にゆっくりでしか登れないので、暗くても走れないことはない。
とても暗い箇所はあるけど、民家があるあたりは少し街灯もある。自分、実は夜の暗峠歴3回w

なので、暗いところが多いけど、舗装道なので夜でも行けないことはない、みたいな曖昧な返事をしたw
要は、本気なら、目を凝らせば行けるってことだ。
どうなんだあやた。おおお?
オブラートに包んで優しく返事をしたんだけど、どう判断するか楽しみにしていたw


そんな返事をして、ひょっとしたら自分を誘ってくれてるのか?と思いながら、
でも金曜日は疲労抜きのためランオフ予定だし、家で晩酌したいし、
翌日はみほと金剛山トレーニングに行く約束しちゃったし、翌々日はみんなとポンポン山に行く予定だし。

色々葛藤しながら、あやたさんが走りに行く時間を一応探ったりしてw

でも、行くとは行っていない。スルーも可能w
あ~~~どうしようかなあと思いながら、迎えた金曜日。

朝起きたとき、足の感じで、あ、これなら今夜走りに行けそうと思い、夕方まで9割行く気だった。

でも、仕事が終わって最寄り駅で電車を降りたとき、もわ~~~っと強烈にムシ暑い空気を浴びて、
あ、これは今日はダメだ、晩酌したいと心折れ、あやたさんに今夜は行けませんすいませんとLINE。
もともと行く約束をしていなから、ここでLINE送るのもヘンなんだけどw

そして帰宅し、早々に部屋着に着替え、コンタクトを外し、あ~~今週も仕事疲れたなあと思いながら、ひとり飲み始め。

そうしてたところ、あやたさんから、来てくれると思ったんだけどなあ、と返事が来ていることを発見。

ああ、やっぱりそうですかw
じゃあ行くわ、と返事をし。
そこはあやたファンだからw

そしたらなんと、すぐに、「えぇ・・・」との返事。

おい。えぇってなんやねんw どっちやねんw
ムシ暑くてそもそも走る気ないんか?おお?

でも、自分すぐにでも着替えて電車に乗らないと、暗峠の入口に時間どおりに行けないタイミングだったので、
「じゃああとで!」とだけLINEして、電車に飛び乗った。
日本酒2合ほど飲んでいたけど、すごい急いだわりには水500mlとヘッドライトを忘れなかったのは、自分冷静だったと思うw
まあ、あらかじめ少し考えていたしw

急行で近くの駅に降り、暗峠の入口へ走っていくと、あやたさんが待っていてくれていた。
時間どおり。っていうか、ちゃんと待ち合わせ時間決めてなかったけど。
場所も「暗峠の入口」ってアバウトな言い方だったけど、無事会うことができた。


そして一緒に暗峠まで登って。
ときどきヘッドライトであやたさんの足元を照らしたり(していたつもり)。
さすがにあの時間には、暗峠を走っている人、歩いている人は一人もいなかった。
真っ暗なところはさすがに一人だと少し怖いかも。

自分は途中、頭ふらふらしてきて結構歩いたけど、何とか暗峠に到着し。
はあ~~~何とか終わった、さて大阪側に来た道を下って電車で帰ろうか、と思っていたら、
あやたさんは、そこからなんと南生駒へ下って、更に片道10kmになるまで進み、
そこから再度暗峠に登り返して、家に帰ると言う。

えええ。それは平日夜にやるメニューじゃないやん( ̄∇ ̄;)
がっつりやん。

結局、一緒に南生駒に下り、更に東生駒方面に1.5kmほど走ったところで10kmになった。そこで解散。
自分はそのまままっすぐ東生駒駅へ。
あやたさんは折り返し、再び来た道を帰って行きました・・・。

あやたさん、帰宅したのは23時少し前だった模様。

平日夜にあそこまでの練習しますか。
参った。さすが。
やはりあの人には敵わないなあと思いましたw



にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ
UTMF完走を目指しています


にほんブログ村

【主な戦歴】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:24'14"
〈グロス3:24'22"〉
(2022.2ランナーズフルマラソンチャレンジ)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村