(565)サブ3様と激走の後半戦(ダイトレレポ3)

やべっちです。

速報です!
今日、まだ晴れている時間帯に走ったら、腕がこんなに日焼けしましたw
日焼け

油断すると、もう危うい季節のようだ。
頭皮を守らないとやばいw


//////////////////////////


さて、大阪府チャレンジ登山大会(ダイトレ)のつづきです。
葛城山のエイド(P4)を過ぎたところから。
ここからはkenさんとの試走で行かなかった、初めての区間。


・葛城山のエイドを出て、ツツジが群生している間を急激に下る。
これがまた、すごい急な下りで。
雪が降っていたので、滑りそうで恐怖だった。
自分、急な下りはまだろくにスピードを出して下れない。


・トレランでは、急な下りをスピード出して走るスリルがたまらないとか雑誌に書いてあったりするんだけど、
おかしいんじゃないかと思う。
めっちゃ怖ぇってw


・葛城山(P4)から、次のエイドの水越峠(P5)までは下り基調。
この区間はわずか20数分と短めで、9:12に水越峠に到着。
ここにも給水があったと思うけど、水をまだ500mlくらい持っていたので、水を補充した記憶がない。
水をコップ1杯だけもらって飲んだかな?


・次に目指すはいよいよ標高1125m・金剛山(P6)。
水越峠を出てすぐに、舗装された長い登り坂が出てきた。
そこで歩きながら、リュックに入れていたお楽しみのハンバーガーを食べることにした。


・ハンバーガーは、背中の体温が伝わって少し温かくなっていることを期待してたんだけど、超冷たかったw
そして、2個持っていたけど、噛んで飲み込むのにとても時間がかかり、1個しか食べられなかった。
っていうか、ハンバーガーはマラソンの補給食としてやっぱし適してなかったw

まあ、そりゃそやねw
いいねん。試しだ試しw
ユリカモメでも何か変わったものを補給食に試すぞw


・水越峠から金剛山には、断続的に登りが続く。
1か所、すごい急な登り階段があった。
真ん中あたりで2~3秒立ち止まり、まだまだ続く上を見上げてため息をついたのを覚えているw
雪はまだまだ降っていて、金剛山のエイドを過ぎたあたりまで降っていた。


・水越峠(P5)から金剛山(P6)の区間は長く、金剛山に着いたのが10:08だったので、ほぼ1時間登り倒した。
水越峠を出たときには500mlの水を持っていたが、金剛山手前では水が底をつきかけていた。


・金剛山のエイドには、水のほか、スポドリとバナナがあったと思う。
ペットボトルに水を500ml補給。
金剛山に到着し、とてもほっとしたのを覚えている。
ここからゴールの紀見峠までは、もう大きな登りはない。
行者杉(P7)のエイドを挟み、下り基調。


・行者杉エイドには10:56到着。金剛山から行者杉までの区間は約50分。
途中、石がゴロゴロして危ない道があったけど、総じて快適路だったと思う。
ここのエイドには、水のほか、スポドリ(エネルゲンって言ってたかな?)があった。

「ゴールまであと8kmですよ」とスタッフの方に言われた。
山の8kmって、ほっとしていいのか、もう一段頑張らないといけないのか微妙と思ったw


・行者峠を出て、1人のランナーにすぐ後ろにつけられた。
下りに自信なかったので、遅かったら抜いてくださいねと声をかけたものの、その方もいっぱいいっぱいなので抜けません、引いてくださいと言う。


・その方とは30分くらいも一緒に走っただろうか。
再三、抜いてくださいと言ったものの、一向に抜いてくれない。
抜いてくれよ。前は嫌やねんw


・2人で、他のランナーを拾いながら、自分が引く展開が続く。
ときどき話をしながら走ってたんだけど、その方も自分と同じ7:00スタートで、
去年、初めて丹後100kmに申し込んだんだけど、走れなかったんだそうだ。


・途中、フルのベストタイムはどのくらいなんですか?って話をした。
そしたらその方「ギリ、サブ3です」という。

おいまじか。3.5もできないランナーに引かせるなよ。前を走ってくれよと、激しく思ったw


・下りが長く続いたため、呼吸も整い、登りに使う筋肉に少し余裕が出てきた。
しばらくして、ちょっとした登りが前に見えた。
サブ3様相手に、引き離せないか色気が出て、アタックしてみたw
が、やはり失敗。その方も付いてきた。甘くない。


・が、またしばらくして、登りが出てきて、再アタック。
そしたら、後ろで歩いたようで、足音が聞こえなくなった!
よしチャンーーース!と思い、その後の下りで更にスピードを上げる。
ここで引き離す!


・と思った瞬間。
右足首をぐきっ。

やっちまった。


・木に捕まり、立ち止まる。
10秒ほど経って、さっきの方に追いつかれた。
右足をくじいたことを告げる。
そして、何とか下りますと言って先に言ってもらう。
無念。焦ったかなあ。


・1分半ほど立ち止まったあと、痛みを確かめながらジョグ。
徐々に痛みは和らぎ、大丈夫そうだったので安堵。
でも、無念さが残る。
あのまま最後まで走ってみたかったな。


・ゴール前、暗峠の大阪側を思わせるような舗装された激下り坂が続き、参った。
途中、えらい撃沈している方がいて、抜かすときナイスランと声をかけられ、嬉しかった。


・そして、11時43分58秒になんとかゴール。
7:00スタートなので、タイムでは4:43:58。

後日HPで集計結果の発表があり、こんな感じだったみたい。
男子壮年の部 23位/301人(当日走った人。以下同じ)
男子総合 74位/523人
男女総合 77位/599人


・ゴールしてすぐ、後半一緒に走ったサブ3様がいてくれて、ナイスランと握手しにきてくれた。嬉しかった。
自分より1分半ほど早くゴールしたとのことだった。


・ゴール会場を見渡すと、カレーライスやらコーヒーやら地元の野菜が売っていました。
ゆっくり見たかったけど、何より早く温泉に入りたいw
その気持ちが勝ち、荷物を受け取ってすぐ、温泉のある紀伊見荘へGO。
温泉に入るまでがレースだw


・そして、フロントで1350円(温泉+ランチ代)を支払い、11時55分頃に温泉に入り、ゴールw
まだ風呂はすいていました。


・温泉を出たあとはランチ。とんかつを食べた。
ごはん、赤だし、サラダ、漬物は食べ放題。コーヒーは飲み放題。
自分と同じくぼっち参加だった2人の方と合席になり、
レース中にこんなことがあった、あんなことがあったと話し、とても楽しいランチでした。
ごはんをおかわりし、おなかいっぱいで幸せ。


・そして、14時半頃、南海紀見峠駅から難波行きの急行に乗車。
とたんに寝落ちしてしまい、気づいたら難波駅でした。


と、こんなレースでした。
いい練習ができ、ゴール後はリラックスできて、とてもいい1日でした。

おしまい!


にほんブログ村


次は5/3ユリカモメ。ステップです。
また頑張ります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ♂
主に平城宮跡で練習しています。2017年富士登山競走に挑戦したものの完走できず、リベンジを目指します。

【ベストタイム】
■3000m 0:11'27"
(2015.4奈良陸協記録会)
■5000m 0:20'14"
(2017.5奈良市民体育大会)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:28'35"
〈グロス3:29'51"〉
(2014.12奈良マラソン)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

【今後の主な大会予定】
■2018.7.27
 富士登山競走(山頂)
■2018.9.16
 丹後ウルトラ(100km)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村