FC2ブログ

(510)この夏、導入できなかったラングッズ(その2)

やべっちです。

今日、年1回の職場での健康診断でした。
例年、前日はランオフして体調を整えて健康診断に臨んでいる(と思う)んだけど、
今回は特に気にせず、前日にスピ練やってやった。

あ。
最近練習のこと全く書いていないけど、やべっち一応走っております。
でも、どのくらい走っているかは当面内緒にしておくw

で、健康診断の話だけど、さすがに今回体は仕上がっていたw
近年の健康診断時点では、体重が最軽量。
そのほか、検査してすぐ結果がわかるものでは、特に問題なし。
問題は、血液検査の結果だな。。


////////////////////////////////


さて、この夏、導入できなかったラングッズの、その2。

自分、この夏は涼しさを求めて山を良く走ったけど、あいかわらずトレランシューズを持っていない。
でも研究はしていて、kenさんも履いているイノベイトを1足買いたいと思っている。

イノベイトはデサントのトレランシューズ。
ちなみに最近まで、イノベイトはてっきり海外メーカーだと思っていて、まさかデサントとは知らなかった(恥)
ほら、だって海外っぽい名前やん(知らんがな


研究したところ、イノベイトのトレランシューズの主なラインナップはこんな感じ。

エックスタロン200、212
テラクロウ220、250
トレイルタロン250、275
エックスクロウ275
(これ以上重いシューズは省略)

シューズ名に続く3ケタの数字は、基準となるサイズ(26cm?)での片足の重量らしい。
当然、軽いシューズはソールが薄く、重いシューズはソールが厚い。

そのほかの違いは、アウトソールの溝の深さと形状だ。

店頭でも見てきたけど、エックスタロン、テラクロウ、エックスクロウは、いずれもアウトソールの溝が結構深い。
ごつい爪がついている感じで、土道でのグリップ力がとてもありそう。
でも、アウトソールがデコボコしているため、舗装道では地面との接地面積が少なく、安定性が不安。

一方、トレイルタロンは、溝は浅いけど、地面との接地面積が大きく、舗装道でも安定性がありそう。
土道でのグリップ力は他の3足より落ちそうだけど。

今後、富士山のことを第一に考えると、富士山はスタートから馬返しまでが舗装道で、スピードが求められるため、
舗装道での安定性を軽視するわけにはいかない。

となると、結論はトレイルタロン250

サイズは、この前、難波のスポタカで履いた感じでは27cmかなあ。
それともやっぱり26.5cmか。
ここが今悩んでいるところ。

あと、トレランシューズってランシューより高いな。
もうちょい安く買えないかな。


このシリーズ、もうちょいつづくw



にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ♂
念願の富士登山競走(山頂コース)を完走できました。次の目標は決まっているけどしばらく内緒。


にほんブログ村

【ベストタイム】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:28'35"
〈グロス3:29'51"〉
(2014.12奈良マラソン)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村