FC2ブログ

(889)日本選手権を見て

やべっちです。

6/24(木)から27日(日)まで、ヤンマースタジアム長居で第105回日本陸上競技選手権大会がありました。

テレビ放送を全部見た。
そして、6/25の第2日目には、15時から最後まで、スタンドで見た。
売り出し席数5000枚のプレミアムチケット。当然クリック合戦で、早々に完売。前から6列目をゲット。
クリック合戦、慣れていて良かったw
仕事を休んで見に行きましたw


夕方、照明がついた美しいスタジアム内。


女子1500m決勝。田中希実が早々に飛び出し、自身と勝負する。


男子100m決勝。広いスタジアムの空気が極限まで張り詰めたのを感じた。



みなさんご存じと思うので、どんなレースだったかもう書きませんが。

もうね。あんな場面を見せられたら、感無量ですよ。
行って良かった。何にも代えがたい。


レース後、五輪出場を決めた選手がみんな泣くんですよ。
立っていられず、うずくまる選手もいたり。
勝った多田修平が目を真っ赤にして、小刻みに唇が震えているのが大型モニターでわかるんですよ。

五輪、応援しようよ。
自分は絶対見る。

日本選手権に出ること自体、ただならぬ努力がいることで。
あの人たちより頑張っていると言えるものがある人は、開催に反対してもいいよ。
でもさ、自分の成し遂げたことが嬉しくて泣いたこと、どれだけある?

あの涙は、自分に厳しく生きてきて、本当に本当に頑張らないと出てこない涙だ。
ろくに頑張っているものがなく、あの感情を理解できない人が勝手なこと言うな。
まあ、頑張ったものがなく努力を理解できない人が五輪に反対してるのかなと思うけど。
自分は頑張っていない人を応援しない。頑張っている人を応援する。東京五輪を全面的に応援する。


男子100m決勝が終わったのは20:30過ぎで。
男子100mの後にはもう何も競技がないんだけど、結構な割合の観客が帰らないんですよ。
表彰式を待って、多田選手たちにもう一度拍手を送ろうと、みんなスタンドで待っているんです。

表彰式があったのが21:20頃。
観客がみんな、表彰台に登った頑張った3人に大きな拍手を贈って。
とても美しい、いい光景だった。
多田修平、最高にかっこよかった。






2日目、特に頑張ったと印象に残った人たち。

女子1500m 田中希実、卜部蘭、飯野摩耶
女子やり投げ 北口榛花
男子100m 多田修平、デーデーブルーノ、栁田大輝

あと、100mハードルの寺田明日香の筋肉がすごいんですよ。
立派さにど肝抜かれましたw



にほんブログ村


スポンサーサイト



(888)久々のクリック合戦で手に入れたもの

やべっちです。


6/24(木)~27(日)の4日間、大阪のヤンマースタジアム長居で陸上の日本選手権が開催されます。

このうち、2日目・6/25(金)のスケジュール。

(トラック)
16:10 U20男子400mH予選(3-2+2)21人
16:40 U20女子1500m決勝 10人
16:55 U20男子1500m決勝 12人
17:15 女子100mH予選(4-3+4)31人
17:45 U20女子400m決勝 8人
17:55 U20男子400m決勝 8人
18:10 U20女子100m決勝 8人
18:20 U20男子100m決勝 8人
18:35 男子400mH予選(3-2+2)27人
19:00 女子1500m決勝 18人
19:10 男子1500m決勝 12人
19:25 女子400m決勝 8人
19:35 男子400m決勝 8人
19:50 女子100mH準決勝(2-3+2)16人
20:15 女子100m決勝 8人
20:30 男子100m決勝 8人

(跳躍)
15:00 U20女子棒高跳決勝 7人
15:30 U20男子三段跳決勝 11人
17:50 女子棒高跳決勝 20人
18:15 男子三段跳決勝 19人

(投てき)
16:05 U20女子やり投決勝 12人
18:30 女子やり投決勝 16人


この日の注目選手は、

女子1500m 田中希美、卜部蘭
女子100mH 寺田明日香、青木益未
女子100m 市川華菜、世古和、福島千里


そして!何といっても!
大混戦の男子100m。

山縣亮太 9.95
サニブラウン 9.97
小池祐貴 9.98
桐生祥秀 9.98
多田修平 10.01
ケンブリッジ飛鳥 10.03

東京五輪の代表枠は3。
もう、誰が、どんな順番で来てもおかしくない。

自分の予想は、山縣、サニブラウン、
そして、桐生を破って多田だ!

多田修平。知ってます?
東大阪市立石切中→大阪桐蔭高→関学
多田もきっと暗峠を登ったはずだw

大阪桐蔭は奈良市記録会にも結構来て、弟の母校だったり、そのほか知り合いも多く、
多田はここ数年注目して見ていた。


この夏、東京五輪があるけど、
この夏の陸上で一番熱いのは、日本人1位を決めるこの100mだろw
マラソンでいうMGCに当たる。


自分、トッティのおかげで陸上のトラック種目がとても身近になった。
みんなとてつもなくガチで。
ガチの人たちの勝負はとても面白い。



というわけで。

自分、昨日、久々のクリック合戦(ランネットじゃなく、チケットぴあw)を経て、



じゃ~~ん!
日本選手権2日目のプレミアムチケットを手に入れました!
メインスタンドの前から6列目。 く~~w しびれる!
買えたときはガッツポーズしたw


トッティと2人で見に行ってきます。
一生の思い出になると思う。


がんばれ多田修平!
あのロケットスタートを決めて、日本中をあっと言わせてやれ!



にほんブログ村


(887)みほ、初のトレランシューズを買う

やべっちです。

富士登山競走が今年も中止との発表。
残念過ぎる。

ブログ村を見ていても、出場される方が何人かいて、とても楽しみにしていた。
なんなら、自分も当日仕事を休んで、弾丸で見に行こうかと思うくらいにw

中止となり、目標としてきた人たちのことを思うと、気の毒で仕方ない。

あの独特の雰囲気。
みんな必死。しゃべりながら走る人なんていない。
スタート前もみんな緊張してて寡黙。
みんな、汗と泥と砂にまみれ、空気の薄さ、呼吸の辛さに耐えて。
給水所はカオス。
死闘という言葉がふさわしい大会。
どのフルマラソン大会でも味わえない。


富士山、美しいですよね。
自分も今年4月には富士山を見れるはずだったけど。

自分、富士山がこんなに好きだとは思わなかった。
なんだろね。うまく説明できないけど。
富士山て、見るだけでテンション上がるじゃないですか。
(あれ?自分だけか?w)


今年、富士登山競走は中止になったけど、富士山は開山するの、みなさん知ってます?
吉田ルートは7/1から9/10まで。
富士宮、須走、御殿場スートは、7/10から9/10まで。


関西から富士山には簡単に行けないけど、自分、きれいな景色を見に、山登りには行きたくて。
先日、十津川村に行ったあと、やっぱり必要やねっていうことで、みほに初めてトレランシューズを買ったんですよ。

自分がいくつか候補を選び、最後はみほに選ばせたんだけど、
みほは、トレランシューズは1足しか買わないと思う、ってことで、これを選んだ。


イノベイト テラウルトラ G270
(24.0cm片足実測222g)


え?いきなりウルトラ用?



にほんブログ村


(886)やべっち、神に招かれず

やべっちです。

おとといの土曜日、娘も息子も用事あるっていうんで、みほと急遽、奈良県南部の十津川村に車で行ってきたんです。
奈良県南部は県民にとっても秘境。滅多に行かない。
でも、昔に比べて道路整備が進み、だいぶ行きやすくなったかな。


今回、久しぶりにドライブに行きたいというみほの一言が発端で、十津川村へ。

でも、みほと二人では、単なるドライブでは全然終わらずでしたw


朝一で家を出発し、9時半には十津川村に到着。
早速、常々行きたかった熊野古道・小辺路を散策。
二人とも当たり前のようにランシューを履いており、軽く小走りしちゃうw

こういうとき、二人ともまあまあ機動力あって良かったなと思う。
みほに、これからも着いてきてな、
・・と言ったら、あなたがね、と言われるかもしれんけどw
(自分、丹後60kmでみほに本気で負けた経験あり・・)


小辺路では、途中、こんな趣ある石畳の道があったり。


こんな吊り橋があったり。

(敷いてある板が薄く、まじで怖いw)

天空の里・果無(はてなし)集落にも行けました。
一度ここに来てみたかった。おじいちゃんがタマネギを干してましたw




そして、小辺路を軽く走ったあとは、大峰奥駈道の一部である玉置山にある玉置神社を目指す。

玉置神社は、熊野三山の奥之院に位置付けられている神社で、
ご祭神は、天照大神や伊弉諾尊や神武天皇などの重鎮の神々。
ちまきさんとか、興味あるんじゃないのかな。

ただ、この神社、「神に招かれた人しかたどり着けない」と言われている有名な神社でw

1000m超の山の上にあるため行きにくかったり、
通じる道路が細くて発見できなかったり、
奈良県南部は雨が多く、風雨に阻まれて行けなかったり、
駐車場から神社まで少し距離があるので、時間がかかって十分回れなかったり。

そんなんがあるようなんだけど。


で、自分たちはどうだったかというと、、


みごと


招かれませんでしたwww


いやー、参った。
いろんなものに阻まれ、行けなかった。
意地になって、3回もアタックしたんですがw


まず、現地で看板見て知ったんだけど、数日前に大雨が降り、神社に繋がる村道に土砂崩れがあったらしく。
看板で迂回路が案内されていたけど、だいぶ遠回りな迂回路で、
地図をみてもかなり曲がりくねっていて、ひどそうな道。見た感じ、25km超。
さらにあのへん、公道でも平気で砂利道がありますからね。
公道=舗装道と思ってはいけない。これ、奈良県南部の常識w
こんなわけで、車での第1アタックを断念。


ならば、土砂崩れの手前まで車で行き、その先の数キロは自分たちの足で行ってやろうと思った。
ランナーだからできる芸当。片道3~4キロくらい余裕。
でも、道路の傍らに車を停めて歩き出したところ、
遠くから現場監督と思われるにーちゃんが軽トラでわざわざ追いかけてきて、
徒歩であってもこの道を通すと村役場から自分らが怒られるから行ってくれるなと懇願され、第2アタック断念。


そうならばと、最後は玉置神社へ続く登山道を登ってやろうと第3アタック。
しかし、1時間半ほど登ったところでタイムオーバー。
たぶん、だいぶ近くまで到達していたんじゃないかと思うんだけど、このまま神社に到着しても十分神社を見る時間がなく、
下山や帰宅に要する時間を考え、断念を決断。


くっそーw

というわけで、自分たち、玉置神社には行けなかった。
神に招かれなかったw
頑張ったんだけどな。

でも、いいトレーニングになったから良しとするw
みほは、大殿筋が痛いと言っているw


玉置神社に行くの、そのうちリベンジしてやるぞ。
待ってろ、神々。
次は何があっても対応できるよう、トレランの格好して本気で行くからなw



にほんブログ村


(885)GT-1000・9レビュー

やべっちです。

今日も暑かったですね。
走るのがつらい季節になってきたなあと思う。
これ書いた後で扇風機出そ。



さて。
たまには、自己満足の記事じゃなく、みんなのためになる記事を書かなきゃなと思うのでw
先日買った「GT-1000・9」のレビューを書きます。


帰宅ラン用として、先日初めて買ったGT-1000。
9代目らしい。

ソールまで真っ黒というカラーがあったというのがセレクトの主たる理由w
職場に履いていくシューズとしては、黒が目立たなくていい。


今回、実物を確認することなくアマゾンでポチったんだけど、
箱を開け、初めて見た時の印象は、予想以上にソールが分厚く、あれ?失敗したか?と思ったw
実は、本心を言えば、もう少しソールが薄いシューズがほしかった。

重さを計測したところ、26.5cmで、片足267グラム。
やや重。

購入後、今日までに5回履きました。
履いた印象は、自分がこれまで履いたどのシューズよりも、ソールがふかふかして柔らかい。
特に、母指球あたりのふかふかさが際立つ。
味わったことがないふかふか感。ちょっと違和感w


自分、これまでGT-1000についてはGT-2000の廉価版だろうと勝手に思っていたので、
GT-1000のソールはきっと2000より硬いんだろうなと思っていた。
が、実際には、1000の方が2000よりかなりふかふかしていると感じる。

ただし、ソールのクッションは柔らかければいいというものではなく。
反発力を得るために、ある程度の硬さが必要。
それに、柔らかいと、ぎゅっと地面をかきたいときにかけない。
なので、GT-1000は5km、10km走や登坂には不向きと思う。

じゃあ、100kmにはどうなのか?と思う。
このシューズでウルトラを走ったら、80km、90kmを過ぎるとき、足はどうなっているだろう。
残るだろうか。
それとも反発力不足で、逆に疲れているんだろうか。


自分が思うには、GT-1000をウルトラで試すのはアリかな。
あ~あ、なんで今年丹後やらないのかな。
今からでもいいから、やっぱり秋にやりますって言ってくれないかなw



このほか、GT-1000を履いて思うこと。

まず、つま先がやや反っている。
ただし、最近のナイキの厚底ほどではなく、
走っているときに反りが気になるほどではない。

それから、グリップ。弱い。
登りの砂利道を走ると、ときどきずりっと滑るのを感じる。
トレイルに使うのは厳しい。
富士登山競走には絶対採用してはいけない。たぶんあれでは6合目がろくに登れないw


というわけで、自分なりの結論。
GT-1000は、42km~100kmの平坦ロードならば良し。
レース用として採用してきっと悪くない。

興味ある方はどうぞ。
自分は当面、このシューズを週2~3回は履こうと思います。買っちゃったしなw
(週2~3とか言いながら、明日履いたらこの一週間では4回目w ←実はまあまあ気に入っているw)



にほんブログ村


(884)GT-○○○○

やべっちです。


最近、帰宅ラン用シューズを探してて、先日ポチり、今日届きました。

今回ほしかった帰宅ラン用シューズの条件は、
・真っ黒なこと
・でも、ちゃんとしたランシューであること
・レースで履く予定はないので、手頃な値段であること
の3つ。

こんな条件で探したところ、これに決定。

GT-1000
アマゾンで5569円!


本当に真っ黒で、テンション上がらないですがw

自分、GTシリーズは2000しか履いたことがなく、1000は初。
1000て、あまり店頭に置いてないですよね。
初印象としては、思ったよりソールが分厚い。
サイズ感はちょうどよい。

当面、帰宅ランはこれを履こうと思います。
来週が楽しみ。



ところで今回、シューズを探していたところ、
アシックスのGTシリーズって2000と1000以外にもあるって初めて知りました。

みなさん、2000と1000以外のGTって知ってました?
履いたことあります?

今回自分が知ったGTシリーズ。

まず、GT-800


GTシリーズのベーシックモデルと紹介されている。
廉価版なのかなと思う一方、でも画像を見た感じではそんなに造りは悪くないんじゃないかという印象。
タウンシューズや、初めてのランシューにはいいんじゃないのかな。


次に、GT-4000


こんなんあるの、知らなかった!
ウルトラマラソン用とされている。
ソールがとても分厚く、しっかり作られている感じ。
これ、以前からあったのかな。
ちょっと興味ある。店頭で見てみたい。


最後に、GT-1000LE


珍品ですw
アッパーに合皮が使われている模様。
LEとは、レザーの略なのかな。
こんなんあるんやね。驚いた。ウケたw

でも、こういうシューズがほしい人、いるんじゃないかな。
安いし。3468円ですよ。
ソールはGT-1000と類似と思われ。

クッションありそうで、履きやすくて良いと思う。
自分は見送ったけど。
よろしければ誰かお試しくださいw



にほんブログ村


プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ
UTMF2021に出るはずだったものの中止。2022年大会完走を目指します。


にほんブログ村

【主な戦歴】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:28'35"
〈グロス3:29'51"〉
(2014.12奈良マラソン)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村