FC2ブログ

(831)自分へのムチ入れ

やべっちです。


さて、あいかわらずの日々が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょう。

別大の延期(中止)が発表され、開催が注目されるのは丹波篠山マラソン。
それから東京マラソン。
それから名古屋ウイメンズ。


名古屋なあ。
名古屋、あれ本当にやるか?w
都市型の大規模大会は、最も開催のハードルが高いように感じる。


同じように、東京もないわー。残念だけど。
なあ、やまけんさん、しょうじさん。
ざんねーんw


あとは、丹波篠山。

篠山かあ。
これだけ主要な大会が中止になる中、篠山がやるか?w

いや、やってほしいけどな。本当に。まじで。
やるんだったら間違いなくエントリーするぞ。
篠山市長には大英断を下してほしい。

あそこの市長、調べたら酒井隆明市長という名前らしいけど、マラソン走るんだよね。確か。
本人的には開催したいはず。

頑張れ。英断かませ。開催したら、全国に丹波篠山市の名前が知れ渡るぞw
ふるさと納税もするぞw


まあ、ロード大会の開催については、なかなか厳しい状況が続いているんだけど、
実はトレラン大会については、ぽつぽつ開催するところが出始めている。
人の住んでいない山で開催するのに加え、参加者が数百人程度と小規模ってのが開催を可能にしている。

どうやらこれからの時代はトレランだな。
みんな、大会に出たい人は早めにトレランシューズ買おうぜw
あのし~やんさんだって、とうとうトレランシューズを買ったという噂だ。
大会出る予定がないと、練習も頑張れないしな。


さて。
自分も、涼しくなってきたし、ロード大会でもトレラン大会でも、いつ大会があってもいいように、常時まあまあ走れる状態にはしておきたいとは思っている。

でも最近、自分もあまり身の入った練習をできていない。
10km走やらないとな。
秋の練習の基本だ。

けど、なんかいつも足が重く、する気分になれない。

腕時計の残された記録を見直すと、直近の10km走は9/14(月)だ。
暑い盛りが終わった以降、2回だけ走ったうちの2回目だな。

446-449-446-447-439-
443-445-440-437-425
(計47'02")

ふ~~ん。これが今のベストだな。

まずは47分切りを目指そうか。
今週やれよ自分。やれよ!


自分へのムチ入れでした。
ブログに書いたら頑張るかなと思って書きましたw


にほんブログ村

スポンサーサイト



(830)丹後の日

やべっちです。


今週忙しくて、少し日が経っちゃったんだけど、
丹後ウルトラマラソンがあるはずだった9/20(日)とその前日、今年も丹後に走りに行ったんですよ。
(まあ楽しみの半分は、夜飲みに行ったり、温泉に入ったりという感じなんだけどw)

9月のせっかくの4連休。
何したい?どこ行きたい?と考えたとき、丹後しか思いつかなくてw

だって自分、台風で中止だった年を除き、なんだかんだ言って2014年から毎年この時期に丹後に行っている。
もう、習慣w

自分、車にカーナビついていないんだけど、地図見なくて丹後まで行けるし、市内もおおよそ走り回れるし。
スーパーやごはん屋さんも、何がどこにあるかだいたい分かるw

あ、でも、峰山にある餃子の王将が、14時半~17時は営業してないってのはさすがに知らなかったけどなw
王将は休憩なくずっと開いていてくれw



というわけで、今年も行こうと話の合った人と、ちょこっと丹後に行ってきました。

19日はアミティから七竜峠を越えて久美浜湾小天橋まで、
20日は弥栄から碇高原を越えて丹後庁舎まで走ったんだけど、
両日、自分たち以外にも、丹後愛にあふれる人たちがたくさん走っていたw
20日は、わかちゃん&そのFRCの人たちも。

会った人たちには、みんな笑顔で挨拶してくれた。
みんな同志って感じだw
みんなニコニコして、楽しそうだった。

会えなかったけど、まる●きさんやだれ●ねんも来てたんだってね。
会いたかったなあ。


聞いた話によると、大会があるはずだった9/20、自分はアミティには行っていないんだけど、
朝には、あそこの駐車場がほぼ満車だったと聞いた。
定刻の4時半にスタートした人たちがいたかも。
みんな、丹後愛やなあw


両日とも天気が良くて、風が涼しく、湿度も低く、走りやすかった。
自分、あの気候ならまたサブ11で走れたわー(嘘w)

コースをいつもと違う時間帯にゆっくり走ると、新発見もたくさんあった。

まず、1日目。
アミティに車を停めてスタートしたんだけど、行きの七竜峠の傾斜は、実はかなりキツイ。

大会のときはまだ4時半過ぎで暗闇なので、斜度がいまいち認識できないんだけど、
あの坂をみんな怒涛のように登っていくんだけど、あれはおかしいぞw
明るい中で見たら、ちょっと走るのを躊躇するほどの坂だ。

七竜峠の途中、子午線公園てのがあった。
明石を通る子午線(東経135度)を北に伸ばしてくると、本州最北端はそこの子午線公園らしい。

七竜峠ロードパークからは、実は日本海・久美浜湾・小天橋がよく見える。
レース時は見る余裕なんてないけど。

昔、浜詰海岸がコースに入っていた年がありましたよね。
いつからか浜詰海岸はコースから外されちゃったんだけど、今回久しぶりに昔コースだった海岸沿いの道を走った。
砂浜がとてもきれいだった。
めっちゃたくさんのサーファーが波乗りしてた。

自分知らなかったんだけど、小天橋駅を1km半ほど過ぎたところ(ほぼコース上)に牧場があって、そこでソフトクリームを食べました。おいしかった。
牛舎に乳牛が20頭ほど見え、あの乳牛から搾ったソフトクリームか~と思いながら食べたw

小天橋駅からは京都丹後鉄道で網野駅まで。
めったに乗らない地方ローカル線。
もちろん単線の1車両のワンマンカーで、大型バスみたいだった。
味があってよかった。


2日目は、丹後庁舎近くに車を停め、弥栄まで路線バスに乗って、弥栄からスタート。
碇高原を登っていく。

去年の大会はめっちゃ暑くて、碇高原への登りをかなり歩いてしまった。
去年頑張れなかったのを悔やんでいて、フレッシュな足なら碇高原への登りを全て走れるのか試してみたかった。

今回試した結果、フレッシュな状態なら、70km手前のヘアピン後の登り坂を含め、一応全部走れます!
ただ、全部頑張って走ってしまうと、やはり登り切ったとき、それなりにダメージが残る。
やっぱりヘアピン後の登り坂は適度に歩いた方がいいかしれんと思いましたw


今回、碇高原で気づいたこと。
碇高原からは、実は日本海が見える。山に囲まれているので、碇高原から海は見えないと思っていた。
200920丹後2
↑真ん中奥に海が見える


それから、碇高原エイドを出た直後、右後ろを見ると碇高原が大きく広がって見えてきれい。
レース中は、ここらはもうヘロヘロなので、右後ろを振り返る余裕はないと思うんだけどw

碇高原から丹後松島の方に下り、国道178号を丹後庁舎まで進む。
この道、実は結構アップダウンがあって、例年自分は結構悩まされるんだけど、
冷静に走ると、国道に出てから丹後庁舎までは6~7km程度。さほど長くない。
だから今後はあの区間もう少し頑張れ自分。

ただ、この区間の問題は、例年13~14時頃に通過するので、とても暑いんだよな。日影も少なくて。
今回もここで暑さを感じた。

丹後松島がきれいだった。
トンネルの直前のところからの景色。
200920丹後

こんな景色を見ながら、丹後庁舎前のはしうど荘(温泉)で今回はゴール。
景色も、走るのも、満喫した。おなかいっぱい。


来年は、また大勢で走りたいですね。

みんな丹後を走りたいと思っているぞー!



にほんブログ村


(829)伊豆トレイルジャーニーのエントリー検討結果

やべっちです。


伊豆トレイルジャーニー」ってトレラン大会があるんですよ。


ジャーニーって大会名からして、旅行のような大会?マラニックみたいな緩いレース?ってイメージを持つんだけど、
この大会、コースプロデュースは鏑木毅で、
アジアトレイルマスターシリーズレースなんてのにも入っていて、
さらに日本陸連によるロングトレイル日本代表選手選考レースであるらしい。
もちろん、ITRAの3ポイント認定レースにもなっている。
結構な大会だ。


伊豆トレイルジャーニーについては前々からやるらしいよと聞いていて(←7月下旬に土井陵さんから雑談したときに聞いたw)、
それから大会HPを注目して見ていたんだけど、先日ついに、2020年大会は12月13日(日)にやるとの発表があった。


静岡県松崎町から伊豆市修善寺までの70.3km、累積標高3250m。
制限時間は14時間、朝6時スタート。
定員は1200人。

参加資格は、30km以上のちゃんとしたトレラン大会(詳細はHP参照)を完走したことがある人。
ちなみに、キャノンボールでは認められないらしい。

エントリーは、9/23(水)正午から。



この冬、主なフルマラソン大会は全滅かもしれないじゃないですか。
ならば、この伊豆トレイルジャーニーをこの冬の目標に据えてもいいんじゃないかと自分ずっと考えていたんだけど、
この大会のスタート地点である静岡県松崎町って、関西からちょっと行きにくい。
西伊豆にあり、電車も通っていない。

朝6時スタートで、ワンウェイコースなので、参加するなら松崎町に泊まるしかないなと思って宿をネット検索したところ、
探し始めた時期が遅くて、松崎町には大会前日に泊まれる宿がもう見つからなかった。
そもそも、松崎町にあまり宿がなさそうで。

ここまでが先月の話。



ところが、先日発表された今年の大会案内をみると、三島駅から朝一でスタート会場まで直通バスを走らせると書いてあった。
三島駅からの直通バスは、去年の大会案内を見た限りでは見つけられず、去年はなかったんじゃないかと思う。
前日受付も三島駅近くで行うとあった。去年は伊豆市修善寺だった。

ネット検索したところ、三島駅は新幹線がとまるだけあって、周辺には宿もたくさんあって、
あ!自分これなら参加できる!と一気に本気になったw
そして早速、ネットで大会前日の三島駅近くの宿を1室予約して。
とりあえず、キャンセル無料だったし。


その後、交通機関について考えた。
三島はこだま停車駅。
プラットこだまを使ったら、まあまあ安く行けるはず。


問題はゴール後の帰り道だ。
ゴールの制限時刻は20時。
最悪、ゴールが20時頃になった場合、その後風呂に入り、修善寺から電車に乗れるのは早くても21時になるだろう。
21時では、終電までに奈良に帰ってこられない。

う~~ん、どうすべきか。ここが一番悩んだ。
できれば当日帰りたいけど、修善寺か三島で、もう1泊するか。
もしくは、三島から京都か大阪に夜行バスはないか。
と探していたら、夜行バスがあった!よし、これで何とかなる!


と、先日夜、2時間くらいに渡り、こんな感じでウキウキして色々検索していたんだけど、
その後、改めて大会HPで開催案内を見直したとき、それまでノーチェックだったエントリー費が目についた。


21000円


えーーー。ないわー。

21000円か。OSJの倍するんだな。
どうしても伊豆トレイルジャーニーに出ないといけない状況だったら何とか出たかもしれないけど、
交通費かかって宿泊費かかって、ちょっと出たいからと思う大会に計5万円ほどは費やせないかなあ。。

次の4月にはUTMFに出るかもしれないし。
なっちゃんの私大の学費はこれから当面払わないといけないし、トッティはこの冬に高校受験で、私立高しか合格できないかもしれないし。

むぅ。

ひとえに自分の収入不足により、やべっち、伊豆トレイルジャーニーのエントリーを断念。
残念w


まったく、つくづくマラソンってセレブの遊びやなあ。
手軽だからと思って始めたスポーツなのになw



にほんブログ村

(828)この秋最初の定点観測(2020/9/12)

やべっちです。


この夏、血尿問題があったので、あまりスピード出す練習をしていなかったんだけど、
この土曜日の夕方、そろそろ行けるんじゃないか?と思って、久しぶりに10kmペース走をやったんですよ。
この秋冬、出る予定のフルマラソン大会はないんですがw


血尿は、8月以降、出る回数が少しずつ減ってきて、8/22以降、出ていない。
連続して1か月出なかったら、もう大丈夫かなと思っているんだけど。
まだ8/22から1か月たっていないので、もう少し様子を見ながら慎重に。


と言いつつ、最近、朝晩がだいぶ涼しくなってきたので、少しスピードを出して走ってみたくなり、
思いつきで土曜日の夕方に急遽10km走を実施。


9/12(土)17時開始
平城宮跡、曇り、少し風あり
ターサージール5
午前中みほと1時間走ってからの2部練目

455-454-452-451-452-
447-449-444-446-432
(計48'07")


大して走れていませんけど、この秋はここからということでw

てか、終わって手を膝につくほどではなかったものの、
まあまあしんどかったですけどね。正直。
先が思いやられる。


夕暮れだったので、日中よりだいぶ楽と思ったけど、湿度はまだだいぶ高いと感じた。
走っていて、よし行けるーー!という感じではなかった。
シューズが汗でぐしょぐしょになった。今夏初。←今頃かよw


でも、とりあえず、久しぶりに10km止まらず走れたので満足w(甘いw)


でも、まだ心肺を追い込むのは怖かったかな。
もう少しゼーハーするまで頑張ってよかった。


これからどんどん涼しくなるはず。
今年も練習で430×10kmできるよう頑張ろうw

12~2月に1本、出れるフルマラソン大会があったらいいけどな。
なかったら、長居で・・・かな?w



にほんブログ村


(827)2021年のUTMFについて

やべっちです。

朝晩涼しくなってきたけど、日中の陽射しはまだとてもきついですね。


自分、この夏、まあまあ日焼けしたんですよ。
サトさんより黒い。
そしてなんと、なーくんよりやや黒い。

まあ、走行距離についてはなーくんとは天と地ほどの差があって、遠く及ばないんですけどw
今年は昼間によく走っただけかな。

いつもだいたいキロ7くらいでしたがw

先日走った家→高槻も面白かったけど、その前の京都七条→家もなかなか面白かった。
初めて走るコースは楽しい。
琵琶湖疎水沿いは、穏やかな風景でよかった。
でも、木津川の土手は暑くて死にそうだったw



///////////////////////////////



さて。
久しぶりにUTMFに動きがあったので、UTMFのことを書く。


先日の9/1、UTMFの大会HPで、2021年の大会開催に関して発表があったんですよ。


発表内容を要約すると、

・2021年の開催について、準備を進めている。
・大会概要は、10月上旬に発表する。
・2021年の開催時期は4月下旬、距離約164km、制限時間46時間を予定

・エントリーは、2020年10月下旬以降
・2020年出場予定だった人には、2021年又は2022年の優先エントリー権を付与
・2021年の一般エントリーは、優先エントリー者数が確定次第、募集人数を発表する。応募者多数の場合は抽選とする。

・一般エントリーの参加資格は、ITRA認定レースを最大3レースで10ポイント以上獲得していること。ただし、最低1レースはエントリー開始日の「2年前」から前日までに開催されるレースであること。


こんなところ。


2020年に出場予定だった選手(定員2400人)は、2021年と2022年に分散する。
そして、おそらく2021年4月には、まだ外国人の日本への入国は容易ではないと予想。

これらから、2021年大会についても、開催するならば、一般エントリーの募集が数百人規模ではあると見込む。


また、今年新規にITRAポイントが10ポイントに達した人はあまりいないと思われる。


よっし。
自分、もし2021年大会の一般エントリーがあったら、エントリーしちゃう。
くろんどロンドが無事ITRA認定されたら、エントリーしちゃう。

完走できる力があるかどうかは無視して、とりあえずエントリーしちゃうw

もちろん当選したら出る!
後のことはその時また考えるw



にほんブログ村


(826)トッティ、中学陸上終わる

やべっちです。
9月ですね。


8/30(日)、県立橿原陸上競技場で、奈良陸協による「JOC参加標準記録突破記録会」というのがあったんですよ。

JOCとは全国中学生陸上競技大会のことで、いわゆるジュニアオリンピックのこと。
今年のジュニアオリンピックは、10/16~18の3日間、新横浜の日産スタジアムで、無観客で行われます。


今年のジュニアオリンピックの選手選考は例年と異なっていて。

例年は、各都道府県で代表選考会が開かれ、種目別・年齢区分(男子A~C等)別に県1位を獲得した選手がジュニアオリンピック(全国大会)に出場できたんだけど、
今年は、ジュニアオリンピックの参加選手を減らすため年齢区分はなく、個人種目では、まず参加標準記録(申込資格記録)をどこかの記録会で突破し、かつ、突破した選手の中から全国で上位30人ほどだけが出場できるという方式になりました。

今回の大会は、その参加標準記録の対象となる最後の大会として設けられたもの。
ラストチャンス。


例年ならば別途8月に近畿総体の開催があって、近畿総体には各種目の県内上位3人(リレーは3チーム)が出場できたんだけど、
今年は近畿総体が中止になったので、中学生が目指す大会はジュニアオリンピックしかなくなった。

トッティがやっている100mのジュニアオリンピック参加標準記録は、11秒11。
とても厳しい。

ここで普通ならば、さすがに全国大会はハードル高いわと、あきらめてしまうところ。
でも、トッティは本気でジュニアオリンピックを目指していたんですよ。

同じ陸上部の大部分の3年生は、8月上旬の記録会を最後に、引退してしまった。
でもトッティはその後も下級生に混じり、夏も練習を頑張っていた。
塾の夏期講習等には一切行かずw

今年の夏、ほんとに暑かったよな。
朝練、つらかったと思う。



そして、いよいよ8/30当日がやってきた。
トッティがこの日に出るのは、100mと、4×100mリレーの2種目。

4×100mリレーは参加標準記録の設定がなく、県1位のタイムを獲得すればジュニアオリンピックに出られるんだけど、リレーは4人のコマがそろった強豪校が他にあり。
でも、100mよりは可能性があるなと思って見てた。


この日、トッティの100m。
予選第1組、タイムは11秒70。


結局、トッティの中学ベストは、8/9に記録した11秒65でした。

でも、大会再開後の7、8月にあった全大会で、トッティは100mですべて出走順第1組を守った。
第1組で走るのはとてもかっこよかったぞ。
上位の子たちとは少し走力に差があったけど、第1組の常連ってすごい。
県内では、間違いなく速い子の一人だ。


そして、最終種目の4×100mリレー。
トッティ、最後のレースは第4走・アンカーだった。

この日、100m決勝を棄権して、体力温存してリレーにかけた。


第4コーナーで待つトッティ。
3位でバトンを受ける。
1位のT中学は既に7~8m前を走り、もはや追いつきそうにない。

でも、2位を走るY中学との差は2mほど。

トッティ、必死に走り、残り50mでY中学との差を1mに詰める。

そして残り30mで、50cm差にまで詰め寄る。
でも、Y中学も必死。抜くのはちょっと厳しいか。

残り20m。トッティが吠えた。
「ぐぁぁぁ!!」

ああいう必死のトッティを自分は初めて見た。

リレー2位ではジュニアオリンピックには決して行けないんだけど、トッティ、勝ちたかったんだな。
何が何でも前に出るという気持ちが見て取れた。
最後の10mは、走りのバランスが崩れていた。
がむしゃらに、気持ちで前に出ようとしていた。


結局、トッティの中学は3位。
2位のY中学とは0.07秒差だった。

ゴールして、しばらくうつむき、動けないトッティ。
2年5か月間の色んな気持ちが巡っていたんだと思う。


終了後、退場ゲートにトッティを迎えに行った。
しばらくするとトッティが競技場から出てきて、言った。

「勝てなかったわ。」

すごい汗だくだった。

勝ちたかったんだよな。
とーちゃん、涙出たわ。

「よく頑張った。」と、肩を叩いた。
2年5か月間、ほんとよく頑張った。



トッティ、中学陸上、必死でやったよな。
最後、めっちゃ本気で走ったよな。
それでいい。立派だ。
リレーの県3位はすごいと思うぞ。近畿総体があれば、出場できていた。

最高にかっこよかった。
君が息子でいてくれて、とーちゃんは幸せだ。


帰宅後、久しぶりにトッティと一緒に風呂に入った。
トッティ、湯舟につかりながら、「あー、楽しかった。」ってつぶやくんですよ。
その日の負けたレースを振り返っての言葉ではないと思う。
2年5か月間を振り返っての言葉だったと思う。
泣けるw


高校でも陸上やってるのを見たいな。
とーちゃんは、まだ君が頑張るのを見たい。

言いたくないけど、まずは高校の受験勉強、頑張ろうなw
さっさと合格して、早く部活に復帰しろよw


にほんブログ村


プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ
UTMF2021に出るはずだったものの中止。2022年大会完走を目指します。


にほんブログ村

【主な戦歴】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:28'35"
〈グロス3:29'51"〉
(2014.12奈良マラソン)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村