FC2ブログ

(825)最近キロ7がまじキツい

やべっちです。

くろんどロンドが終わり、少し経ちました。
気持ち的には一段落といったところ。


とはいえ、自分、半年くらいに参加費を支払済で、感染対策してちゃんと開催しますよーと言ってくれてるエントリー済大会が年内にまだもう1つあるんですよ。

大阪府山岳連盟主催の「第46回大阪府チャレンジ登山大会」(チャレンジダイトレ)

当初、4月12日に開催予定だったけど、コロナの影響で11月8日(日)に開催が延期になったもの。
自分はここ数年、この大会に毎回参加している。
お気に入りの大会です。

山中温泉トレイル(6月)やおんたけ100(7月)の練習の位置づけで当初エントリーした大会なので、時期を逸しちゃったんだけど、
今年は大会不足の中、開催してくれるのはとてもありがたい話なので、喜んで参加する。


自分が参加するのは順位の付かない登山の部の36kmなんだけどね。
でも、トレランの部とコースは一緒だから。
登山の部は荷物搬送がないくらいで、自分としては重量背負う練習にもなり、特に問題なし。

時間は、5~6時間を想定。
くろんどロンドの13時間を経験したばかりだから、5~6時間なんて、、、ょ、ょゅー(震え声)


登山の部は、参加費2500円なんですよ。
2500円で、ぐったりするまで1日遊べます。
帰りの電車内では屍のように熟睡できますよw


ランネットやスポーツエントリーで現在参加者募集中。
密を避け、ウェーブスタートの大会です。←ウェーブスタートは元々だけどw


ちなみに、大阪府チャレンジ登山大会は、choeiさんが11/7(土)に参加するというダイヤモンドトレイルランとほぼ(全く?)コースが同じようですが、全く関係のない別々の大会です!
エントリーの際には決して間違えませんよう! ←対抗心むき出しw




と、まあ、こんな大会があるので、くろんどロンド後、ボチボチ走っているんですけどね。

でもなんか、ひどく走れないんですよ。最近。
股関節が重い。
キロ7が真剣にキツいw

在宅勤務日の昼休み練は止めたんです。暑いから。
代わりに朝練を始めてまして。

今朝は5時20分くらいから走り始めたんだけど、今日も、昼ほどではないんだけど、やはり蒸し暑かった。
朝は、体の関節も固く、走り方がぎこちない。
体のブレをすごく感じる。
腕振りを頑張らないと前に進まない。

キロ7でこんな汗だくになるって、自分終わってんなと思いながら今日も1時間走って帰ってきた。
マフェトンも大事だから、暑いし、きっと自分疲れてるねん、と自分を甘く慰めながら、この8月後半を過ごしていますw

近況報告でしたw



にほんブログ村


スポンサーサイト



(824)くろんどロンド60Kレポ5(丹羽薫さん)

やべっちです。


さて、くろんどロンド60Kのレポ5回目です。
最終回!


今回、180Kの部に土井陵さん、飯野航さん、丹羽薫さん等のテレビでよく見る人たちが出ていて、みんな自分と同じコースを走っていたはずなんだけど、
夜中は暗いので、他のランナーの顔はろくに見えないんやね。

ときどき、自分をあっという間に抜いていく人がいて、あれが土井さんや飯野さんじゃないかと思うことがあったんだけど、
そう思った次の瞬間には遠く離されてしまっていたので、全く声もかけられずw
自分とは、登りも下りも、スピードが段違い。

登りの階段って、普通はパワーウォークで、歩いて登るじゃないですか。
あの人たちは、1段1段走って登るねんで。ポンポンポンってリズムよく。まじで。
驚愕。


今回、180Kの部は、出走者18人で、完走者は5人、完走率27.8%でした。
この完走者5人のうち、3人が土井さん、飯野さん、丹羽さん。
日本を代表するトップレベルの人しか完走できないレースなんて、厳しすぎるw

120Kの部も、ものすごい結果だった。
出走者54人、完走者11人、完走率20.4%。
完走率2割って、そんなレースやったらあかんw

なお、自分の出た60Kの部は、出走者82人、完走者50人、完走率61.0%。
一般ランナーが出ていい常識的なレースは60Kの部だけでしたw



さて、丹羽薫さんのことを書く。

180Kに挑戦する屈強な男性が続々リタイヤする中、丹羽さんは180Kを走り切った。
ほんとに強い。女性ですよ。

4周目の中盤、暗い中で、これ丹羽さんじゃないか?って女性を見かけたんですよ。
両手で巧みにストックを使っていて、ゆっくりだけど走っていた。

そもそも今回の大会、女性の参加者が少なく、その中でストックを使う女性ランナーは稀。

そのときは自分何も話しかけたりせずパスしたんだけど、その周の終盤の急登区間で後ろを振り向いたら、すぐ後ろにその女性が来ていて。
真っ暗な森の中。
前にも後ろにも、他にランナーのヘッドライトは見えず、二人きり。

さすがにこの状況だったら声かけるやん?w

思い切って「丹羽薫さんですか。」と声をかけた。
すると、「そうです!」と元気な声が返ってきた。
一気にテンションが上がったw


坂を登りながら、丹羽さんとすごいたくさん話をした。

まず丹羽さんは、昼間、暑さに参って小川に飛び込んだこと、そしたら足裏の皮がふやけて水豆ができ(←そりゃそうだw)、今めっちゃ痛いこと。
仕事はラン教室やイベント講師等をしていて、夏場は例年海外のレース(←UTMBのことか?)に出ているんだけど今年は出られないので、今回このレースに出たこと。

でも、丹羽さんでも今回のこのレースは経験したことがないほど気温と湿度がキツく、来年以降また開催されてももう絶対出ないことw
「わたし、何でこのレースに出たんだろう・・」としきりに後悔していたw

来年のUTMFは外国人を除いて、日本人だけで開催するように丹羽さんから鏑木さんに進言してくださいよってお願いしたら、
「なるほど、それいいね!」と賛同してくれたw

丹羽さん、登りでは下ばかり見ていたようで、「鉄塔が立っているところまだかなあ?」と言うんだけど、
さっきもう鉄塔のところ過ぎましたよって教えてあげたら、「ええっ。話しながら登っていたら、この周は楽に登れたわ。ありがとう!」ってとても感謝されたw

ちなみに途中、自分ペース遅いかなと思って、「丹羽さん、先に行きますか?」と聞いたら、
「いいよいいよ!前を行って、私を引っ張って!」と言われたw
やべっち、世界の丹羽薫に前を譲られるw

そのまま二人でエイドに到着し、エイドの入口でグータッチをしてもらったw

ちなみに、その次の周は、自分が丹羽さんより先にエイドを出発したんだけど、途中で抜かされ、
もう一緒になることはないかなと思っていたところ、周の最後の急登で再び追いつき、2周続けて色々話しながら坂を登り、再びエイドまで一緒だったというw

朝方、丹羽さんは「夜が明けちゃったね~。」と言い、朝日も一緒に見たというw

いや~~~いい想い出できた。この大会、出て良かったw
丹羽さん、ありがとうw



もうどうでもよくなっちゃったけど、6周目と7周目の結果w

(6周目)
◆CP16(すいれん池)総合9:55:10(総合28位)、区間51:09(区間37位)
◆CP17(森エリア)総合10:39:56(総合28位)、区間44:45(区間29位)
◆CP18(基点)総合11:04:41(総合26位)、区間24:45(区間14位)

(7周目・最終周)
◆CP19(すいれん池)総合11:57:19(総合27位)、区間52:38(区間27位)
◆CP20(森エリア)総合12:44:23(総合27位)、区間47:03(区間26位)
◆CP21(ゴール)総合13:06:27(総合28位)、区間22:04(区間36位)

時刻は、6周目が朝6時半~8時半、7周目が8時半~10時半くらい。

7周目はだいぶ気温が上がり、終盤、腹がピリピリ軽くけいれんするのを感じた。
けど、あと20分くらいかと思い、押し切った。
軽く熱中症だったかも。


ラスト2周ほど、何度も前後した一般ランナーの男性がいて、その方とゴール後、グータッチ。

ゴール後、スタッフの方に写真撮ってもらいました。
ゴール後



少し経ってから、丹羽さんもゴール。
たくさんの人に取り囲まれ、インタビューも受けていたので、さすがに2人で写真に写ってくださいとは言えませんでしたw
ゴール後1
ゴール後の丹羽さん。
太ももの筋肉がすごいねん。ほんとに。


この後、ゴールする人に拍手を送ったり、しばらく会場をウロウロしてから、預けていた荷物を受け取って退散させてもらいました。


そうだ。
ゴール後、京阪私市駅まで歩くのに苦労し、途中、すいれん池近くの休憩所で一度休憩したんだけど(←あまりに遠くて一気に帰れなかったw)、
そこのベンチで、熱中症で横になっている女性ランナーの方がいました。途中でリタイヤしたという。
話すことはできて、応援に来ていた女性友達と男性スタッフの方が一緒にいたので、自分は使わなかったタオルを水で冷やし、それを渡して失礼させてもらったんだけど、
あの女性、無事帰れたかなあ。それだけが心配。


コロナ禍の中、勇気を持って大会を主催してくれた事務局のみなさん、協力してくれたみなさん、本当にありがとうございました。
とても想い出に残る大会になりました。感謝申し上げます。
もし来年、また他に参加する大会がなかったら、120Kに挑戦するかどうか・・・もごもご。
できれば、もう少し涼しい季節に開催してくれると嬉しいですw

おつかれさまでした。ありがとうございました!


にほんブログ村


(823)くろんどロンド60Kレポ4(つらくても耐えると復活がある)

やべっちです。

今日も暑かったですね~。

自分は今日、夏季休暇が最終日。
午前中、春日山原始林に行ってきたんだけど、途中通り過ぎた春日大社が閑散すぎてびっくりした。
暑いせいもあるけど、それにしても人がいない。誰も歩いていない。
奈良の観光業がヤバい。


/////////////////////////


さて、くろんどロンド60Kのレポの4回目。

吐き気と眠気でグダグダだった4周目を何とか終え、
5周目に入るところから。

時刻としては、朝4時半くらい。
空がほんのり明るくなってきて、東の空がオレンジ色だった。
この日も天気は猛暑の予報。



強い吐き気と眠気に襲われ、全く食欲がなかったけど、何か固形物を食べないと走れるようにならないなと思い、時間を割いてエイドで食べ物を物色することにした。
水道で手と顔を洗い、手に消毒液をつけてから、エイドに並んでいるものを見渡す。

全部は見回れなかったけど、ぱっと目についたものは、パン、あんこ入り饅頭(3種類)、バームクーヘン、ドーナツ。
そしてカップラーメンw

もう少しテーブルには色々並んでいて、自分は見なかったけど、他のランナーの人からジェルもあったよと聞いた。
思いのほか、いろんな食べ物があった印象。

カップラーメン、こういうところで食べるとうまいんだろうなと心揺らいだけど、お湯を注いで3分待って、急いで食べたとしても時間がかかりすぎるので断念w
まああれは、120Kや180Kの部の人たちのために用意されたものだな。

自分は、3個入り水まんじゅうと、ロールパンみたいなパンを1つもらった。
ここで初めてベンチに腰を下ろし、水まんじゅうを食べた。一口大の水まんじゅう。
3つ目はきつかったけど、無理やり口に押し込んだ。
こしあんで、食べやすかった。ごちそうさまでした。

パンは1つずつビニール袋に入れられていて、持ち運びができたので、そのままポケットに入れ、5周目の途中に歩きながら食べた。

ちなみにパンは、6周目にも7周目にも1つずつもらって食べた。
パンはなかなか良かった。今回はパンを一番食べた。



5周目も、序盤は歩きが続いた。
でももう一度、体調が良くなるときが来るはず、と思いながら歩いた。

去年の山中温泉でもおんたけでも、一度ずつ潰れた。けど復活した。
今回も、水まんじゅうとパンを食べたし、それがエネルギーに回ってきっと復活するはずと思いながら歩いていた。
えずきながらw


そんなこんなで、何とか5周目も半分あたりから、少しずつ動けるようになってきて。

(5周目結果)
◆CP13(すいれん池)総合8:05:17(総合31位)、区間1:03:15(区間58位)
◆CP14(森エリア)総合8:43:59(総合31位)、区間38:42(区間24位)
◆CP15(基点)総合9:04:01(総合28位)、区間20:01(区間3位)

なw

CP14~CP15の区間で、再びまさかの区間3位を記録。
ここに来て自分で驚き。

今回、区間ごとに順位とタイムが出たんだけど、面白い結果が出たなと思う。

周回コース後半の、森エリアから基点までの第3区間は、大部分が急な登り坂。
レース中、登りを特に頑張ろうという気持ちはなかった。
区間ごとに順位やタイムを出してくれることを知らなかったし、力の入れ具合はいつも同じだったつもり。

でも結果をみると、自分、この登り区間の順位が全般的に良い。
階段トレーニングのおかげと思う。
自分、フルは全然3.5ができないんだけど、一応、富士登山競走は完走できましたのでw


ウルトラには復活があるとよく聞く。自分もそう思う。
一度潰れても、安易にリタイヤしない。
1~2時間耐えると、道が開けることがある。
今後も覚えておく。


でも本当は、一度も潰れることなく、1レースを通してちゃんと走れるようになりたい。
次回10時間超級のレースに出たときは、そろそろうまく走れよ自分。頼むなw


次回、最後のレポになるかな。
6・7周目の結果と、途中、丹羽薫さんと丸1周ご一緒し、たくさんしゃべって楽しかったことを書くw


つづくw


にほんブログ村


(822)くろんどロンド60Kレポ3(吐き気と眠気に苦しんだ夜中)

やべっちです。


自分も先週金曜日から職場に夏休みをもらってですね。
いえ~~いw
休みは、火曜日までの5日間(夏季休暇3日+土日)。


でも、まだ先週の大会の疲れが残ってるし、連日の猛暑だし、夏休み中は走らなくていいぞ自分♪と思っていたところ、
まず金曜日は、実家の草刈り&庭木剪定のオーダーが入り、一日中汗だくで作業。
まあええまあええ。
走るより全然楽だ。

でも、土曜日。
みほが「私も一度くろんどロンドのコースを走りたい。」なんて言うもんだから、もう当面行かないぞと思っていたのに、わずか1週間ぶりにくろんど園地へアゲインw
暑かった~~。なんだよこの暑さ。1周でヘロヘロになった。
みほとゆっくり、先週を思い出しながら走ったんだけど、もはや試走している人は皆無だったw(当たり前)


で、日曜日の今日。
昨日でみほも満足しただろうと思いきや、今日は今日で、なるかわ園地に行きたいと言い出して。
日々、わがままを聞いてもらっているので、こういうとき逆らえない自分w
というわけで今日は、生駒から宝山寺・生駒山上遊園地・暗峠を経て、なるかわ園地を往復。

ふくらはぎも太ももが、またパンパンになってしまった。ツラい。明日は絶対休むw


/////////////////////////


さて、くろんどロンド60Kのレポ。
2周目からです。


(2周目結果)
◆CP4(すいれん池)総合1:59:14(総合13位)、区間39:10(区間26位)
◆CP5(森エリア)総合2:35:50(総合17位)、区間36:36(区間30位)
◆CP6(基点)総合2:57:59(総合16位)、区間22:08(区間12位)

(3周目結果)
◆CP7(すいれん池)総合3:44:24(総合17位)、区間46:24(区間33位)
◆CP8(森エリア)総合4:28:53(総合24位)、区間44:28(区間50位)
◆CP9(基点)総合4:51:09(総合19位)、区間22:16(区間6位)


時刻でいうと、2周目は23時~0時半、3周目は0時半~2時20分くらい。

2周目が終わるくらいまでは、まあまあ動けていた。


でも、3周目になり、複数のトラブル発生。
まずヘッドライト。

スタート当初からベルトが緩くて頭にフィットしてないなと感じていて、
走りながら時々ベルトを締めたりしながら何とか走っていたんだけど、3周目の途中、ベルトを触ったとき、ライト本体から外れてしまった。
自分が事前にベルトをちゃんと合わせておかなかったのが悪い。

で、暗闇の中、ベルトを直すのにだいぶ手間取ってしまった。
結局、コース途中で道案内してくれていたスタッフの方にライトで照らしてもらいながら、最後は直しました。
だいぶ立ち止まって時間をロスしてしまった。


それからもう一つ。
3周目に腹が減ってきたのを感じたので、アミノバイタルゼリー赤と、メイタン金を水に溶かして飲んだ。
これが今回、ひどく合わなかった。

飲んだ後、胃がすごく気持ち悪くなってしまい、眠気も合わさり、眠気と吐き気地獄。
いつもなら寝ていて、胃は動きを停止している時刻。
今考えると、夜中にジェルを飲むことは、胃に刺激が強すぎたかもしれないと思っている。
3周目後半から、えずいてばかりいた。
今後、自分は夜のジェルは厳禁。


そして、吐き気と眠気に襲われながら、ひどい4周目を迎える。
時刻では、2時20分~4時半くらい。

ほぼダダ歩きだった。
夜が明けてきて、まずいなと思った。これから気温が上がる。その日は最高気温36度の天気予報。
少しリタイヤが頭をよぎった。
でも今年、おろらく近畿周辺でポイント大会はもうない、意地でもこれを走り切らないといけない、と考えながら歩いていた。

(4周目結果)
◆CP10(すいれん池)総合5:47:24(総合25位)、区間56:14(区間56位)
◆CP11(森エリア)総合6:33:57(総合29位)、区間46:33(区間52位)
◆CP12(基点)総合7:02:01(総合27位)、区間28:03(区間26位)


なんとか4周目を終わってエイドにたどりつき、
何か食べなきゃ変わらないと思って、時間をかけてエイドで食べ物を物色することにした。

エイドの脇を見ると、倒れている人が続出していた。


つづく。


にほんブログ村


(821)くろんどロンド60Kレポ2(レース1周目まで)

今日は木曜日。
今週めっちゃ眠いやべっちです。

そうやった。ウルトラとかの後って、その後1週間眠いんだよな。すっかり忘れてた。
走り終わった当日と翌日は、体もすごいほてっていた。
そうそう、そうなるんだった。

そんな中、昨日と今日は出勤で、
今日は朝に電車に乗ろうとしたら、お盆で土日ダイヤなのな。
いつもの電車が来なくて、軽くイラっとしたわw



さて、今回からくろんどロンド60Kレポを本格的に。
今ブログ村で大会レポ書く人いないから、頑張って書きますよw


受付は、20時から、京阪私市駅近くのトレランショップ「ソトアソ」さんで。
自分は車で行き、徒歩20分ほどのところにあったタイムズに停めました。
ちょっと遠かったw

受付は1人ずつ、間隔を保って。
まずはスマホの画面上で、事前にメールで送られてきた参加チケットを提示。
その後、消毒液を手に付け、体温を計り、
スマホで大阪コロナ追跡システムってやつへのメール登録。
続いて、YAMAP(ヤマップ)ってアプリの設定をしました。
このYAMAPってやつで、事務局が各ランナーの現在位置や、動いているかを確認できるらしい。

そしてゼッケンをもらい、参加賞のジェル等を受け取って、荷物預け。
出発準備が整った人から店外に集合し、
10人ほど集まったら、そこからみんなでくろんど園地のスタート会場まで移動。
会場までは徒歩45分。遠いw

移動中は一緒に走る人たちと時々話をしながら歩くんだけど、
登りだし、ムシ暑いし、ザックを背負っているため、まあまあ汗をかき、
自分はスタート会場にたどりつく前に500mlのペットボトルを飲み切ったw
先行きがすごく不安になったw


そして、ようやくスタート会場近くにたどりつき。
そしたら、し~やんさんが応援に来てくれていて、「やべっち!」と声をかけてくれました。
この日、自分ひとりだったのでぐわぁTを着ていなかったんだけど、暗い中、よく見つけてくれた。ありがとう。
でも、あんな場所までし~やんさんどうやって来たん?走ってきたん?
22時過ぎまで応援にいてくれたけど、あれから走って帰ったん?あいかわらずヘン○イやなw


このレースのタイム計測は、各自ゴム製の輪っかを腕にはめ、それをチェックポイント(CP)ごとに四角い計測機械に「ぴっ」っとかざして計る方式で、
CPは、次の高低図のとおりでした。

1周の高低図。
くろんど高低図
8.6kmの周回コースで、1周あたりのCPは3か所。
基点~CP1とCP1~CP2は登りと下りがいろいろ、
CP2~CP3は急な登り区間。


スタート前にマスクを外し、再び体温を計った後、スタッフの方から留意事項の説明がありました。
・毎周この場所(基点)に戻ってきたときは、水道で手を30秒洗ってからエイドを利用すること
・エイドの食べ物は全て個別包装にしているが、取る際にはさらに消毒液を手に付けた上で取ってほしいこと
・ウォーターサーバーから水を補給するときは、除菌ティッシュを蛇口にあててひねってほしいこと
など。

スタートは、1人ずつ、約15秒間隔でのウェーブスタートでした。
当然タイムは各自の走った時間で記録されます。
このため、見かけの順位と実際の順位は一致しない。


レース後に自分も知ったんですけど、このレース、結構細かく記録を出してくれるんですよ。
自分の1周目の記録の抜粋。

【1周目】
◆CP1(すいれん池)総合タイム33:26(総合15位)、区間タイム33:26(区間15位)
◆CP2(森エリア)総合タイム1:03:51(総合13位)、区間タイム30:25(区間16位)
◆CP3(基点)総合タイム1:20:04(総合8位)、区間タイム16:12(区間3位)

1周目終わったところで、まさかの総合8位w
CP2~CP3の区間タイム、まさかの3位w

自分、序盤あまり抜かれなくて、
あれ?自分今日ひょっとしたら上位に入れちゃうんじゃね?って勘違いしながら走ってたw
そんなはずないのになw


1周目終わったところで、時刻は23時前。いつもなら寝始める時間。
この後、夜間、眠さに苦しみ、順位が順調に落ちていきますw

つづくw

し~やんさんが撮ってくれた1周目の写真。
周囲は真っ暗w
くろんど



にほんブログ村


(820)くろんどロンド60Kレポ1(当日レース前)

やべっちです。


くろんどロンド完走について、温かいコメントやINポイントありがとうございました。
ほっとした。

まあね、こういうご時世の中、大会に参加するってどうなん?って意見があることは重々承知しているんですよ。
だから、レースについて楽しかった~~!と書くのは少し躊躇するところ。

でも、実際、楽しかったw はっきり書くけどw

目標に向かって自分が頑張ること、人が頑張るのを見ることは楽しい。
その中に身を置けるのは幸せな話だと思っている。

最後、森の中で、あともう少しでゴール!ってところを走っていると、遠くから「もうすぐゼッケン№○○○の方が帰ってきます!」みたいな会場の放送が聞こえるんですよ。
そして、たくさんの人に拍手で迎えられゴール。
小さな大会だったので、そりゃ大した人数じゃないんだけど、右も左も、20数人ほどのみなさんが拍手をして迎えてくれた。
背筋がゾクゾクした。久しぶりの感覚で、嬉しくて泣きそうだったw
ゴールして、周りの人たちに礼をした。ありがとう。
自分はやっぱり、こういう喜びを理解してくれるランナーの人たちが好きだ。


みんな知っていると思うけど、人間や動物が進化してきたように、ウイルスだって生き残るため進化するんですよ。
コロナウイルスが死滅してから活動を再開すべきだっていう人たちがいるけど、コロナウイルスはたぶん完全には死滅しない。
インフルエンザウイルスだって死滅しないやん。

ウイルスの変異は、地球の気候変動が原因かもしれないですよね。
もしかしたら、来年になったらまた違う名前のウイルスが進化し、流行するかもしれない。
人間はずっとこういうウイルスと付き合っていくしかなく、ある程度リスクを取っていかないと生活できない時代になったのかもしれない。

リスクを取りたくないなら家にいて自己防衛したらいいんだけど、
自分はずっと家にいるのは嫌だから、ウイルスに打ち勝つ強い体を手に入れたい。
わが家はみんなで体を鍛える方針w

実際、自分は走るようになってから、ほとんど風邪をひかなくなった。
ちなみに、インフルエンザには生まれてから一度もかかったことがなく、大人になってから予防接種もしたことがないw

もしもウイルスに負けることがあったら、それは自分の鍛え方が足りなかったせいだと思う。
自分の努力が足りなかったとあきらめるw
でも自分は、できる努力を日々精一杯しているつもり。(走力は伴わないがw)
だから後悔しない。


自分は、これからの時代、体を鍛えることが一番合理的と思うんだけどな。
新しいウイルスが出てきたとき、薬ができるまで時間かかるし、そもそも効果的な薬ができるかわからんし。
インフルエンザワクチンだって、職場で毎年予防接種してるって人がいるけど、結構頻繁にかかっていて、大して効かないって話ない?w
自分は、頑張れ白血球さん!って感じw




なんか前段部分がえらく長くなってしまったけど、くろんどロンド(60K)のレポを書きますw

マラソンやトレランブログ村を見ていると、くろんどロンドに出た人は見当たらない。
その他の大会レポを書いている人も見当たらない。
レポを書くのは自分だけかな。
独壇場w


60Kの部は、8/9(日)夜のスタートでした。

先に書いちゃうけど、当日の調整(睡眠対策)をちゃんとできなくて、
何とかなると思っていたんだけど、甘かった。
夜中、眠さにすごく苦しみました。すぐ眠くなるお子ちゃまでしてw


コースは、大阪府交野市にある府民の森くろんど園地。生駒山系の北の方。
1周あたり、距離約8.6km、累積標高約500mの周回コース。
60Kの部は、これを7周、累積標高は計約3500m。

大阪府内なんだけど、最寄りの京阪私市駅から歩くと小1時間ほどもかかり、車でも道が細くて行きにくく、アクセスとても悪しw
まあ、こういう陸の孤島みたいなところでしか大会を開催できなかったかなと思う。

くろんどコース

なお、120Kの部はこれを14周(約7000m)、180Kは21周(約10500m)。
これらの距離は超ヤバい。当初から、暑さによるリタイヤ続出のニオイがプンプンしていたw
だって開催は8月お盆前やで? 帰り道、私市の道路横の温度表示が38度って出ていた。
完走者は、ほんと超人と思う。すばらしい。


60Kの部は、受付が20時からで、レースは21時半からの1人ずつ約15秒間隔によるウェーブスタートでした。
箱根駅伝の復路スタートみたいな感じ。
(ちなみに、180Kのランナーは8/8夜に、120Kのランナーは8/9朝に既にスタート済み。コースは一緒。)

60Kの部も丸一晩走り続けるオーバーナイトレースなので、本当は当日夕方までなるべく寝ていて、睡眠を確保した方が良かったんだけど、
この日、息子のトッティが陸上競技大会の大一番があってですねw
自分も朝5時半すぎに起きて、トッティを陸上競技場に車で6時半に送っていって、一旦帰ってきて、10時からみほと2人で応援に行って。
そして炎天下で応援し、応援が終わって帰宅したのは14時半。

そこから急いで昼ごはんを食べ、15時~17時に昼寝しようと思っていたんだけど、ろくに寝られずw
18時から軽く夕ご飯を食べ、18時半頃に家を出発。

一体どうすればよかったんだ?
でも、トッティの走りを見に行かないって選択肢はなかったな。


ちなみに、トッティは100m11秒65のベストが出たんだけど、ライバルの子に競り負けてしまい、奈良市4位。念願の表彰台には登れませんでした。
この日で通常、中3は部活引退だったんだけど、トッティは「もう少し続けたいです!」と引退式で宣言w
引退せず、昨日・今日も下級生に混じって部活に行っていました。
でも、昨日から2年生中心の練習体制になり、3年生はひとりで下級生の最後尾に付いて練習するという配列になったそうです。
腐るなよw


次回からちゃんとレースレポ書きますw
つづくw



にほんブログ村


(819)【遅報】くろんどロンド60Kの結果

やべっちです。


くろんどロンド(60K)無事完走しました!

結果は、13時間06分27秒で、82人中28位。
昨日の21時半にスタートして、今日の10時半過ぎまで走っていたんですよw


ただし自分、今回睡眠対策を十分できず、夜1時~4時頃はほんとひどい走りで。自分にがっかり。
眠いと、体が動くことを拒否するねん。参った。本当は涼しいうちにもっと走っておきたかった。
自分、オーバーナイトの大会、向いてないかしれん。

でも、60Kの部は、82人が出走し、途中棄権が32人も出まして。

この大会、ゴールの制限時間はあるんだけど、途中の関門時間はなく、32人は関門リタイヤではない。
つらすぎてレースを自ら止めた人が32人。

さっき帰宅するまで、自分ひどい走りだったなあとがっかりしていたんだけど、
途中棄権の人が結構いることを見て、そんな中でもしっかり完走できたことはよかったんじゃないかと思ったり。
自分に甘いw


8月のこんな暑い中やるだけあって、120K、180Kはなかなかのひどい完走率でした。
120Kの部は、完走11人、途中棄権43人。
180Kの部は、完走5人、途中棄権12人。
60Kにしておいてよかったw
完走した人に拍手を送りたい。


スタート時、し~やんさんが応援に来てくれました。
ありがとう。久しぶりだったからもう少し話したかったけど。
ゴールにも来てくれないかなって期待したんだけど、ゴールのときにはいないのな。
最終周、だいぶキョロキョロしながら走っていたのにw


まあ、何にしても、今レースでやべっちめでたくITRAポイントが10ポイント溜まりました!
来年UTMFあるかわからないけど、今年も前に進めました。
とりあえず祝w



にほんブログ村


(818)さて

やべっちです。

久しぶりに昼12時の激戦区に予約投稿。
無事金曜日の昼まで来た。よっし。



さて。
目立たないような題名でこそっと書きますが。


実は自分、今週1週間、テーパリングしているんですよ。


「は??」って今思った人、たくさんいると思いますがw


なんでテーパリングしているのかって?
今週末にレースがあるために決まってるやんか。
何もないのに休んだりするか。



実は自分、今週末にトレランレースがあるんです。
しかも、遊びレースではなく、ITRAポイント申請レースだ。
必死にやらなきゃいけない勝負レース。


このクソ暑い時期に眺望のない周回コースをぐるぐる回る修行的なレースで、自分が走るのは一番短い60Kの部(2ポイントレース)なんだけど、
このレースを完走すれば、自分はUTMFのエントリー資格(3レースで計10ポイント)を満たす。


来年UTMFが開催されるか、今秋に追加募集があるか分からないけど、もし募集があったとき、エントリーさえできなかったら自分にがっかりする。
抽選で出れなくても資格だけは得ておくことが、自分としてのけじめだ。

2018年富士登山競走後、次は2021年UTMFを目指すと言ってきた。
そのためにずっと地道に走ってきた。
今年、山中温泉とおんたけが中止となり、一瞬だめかと思ったけど、あきらめず大会を探していた。



エントリーしてからここしばらく、この大会が無事開催されるよう、祈るように、静か~~にしていた。
ブログに大々的に書いたりして、何かあっては困る。

でも、もう大丈夫だ。
大会の開催はもう明日からだから。
無事開催される。

最も長い距離の部が明日スタート。
自分の60Kの部はあさってスタート。


この数か月間、レースがあったとブログに書いている人はあまり見当たらない。
希少なレースだ。
レースがあるって言いにくい世の中って嫌だな。


今大会の参加者名簿をみると、結構な有名人がみられる。
土井陵さん、飯野航さん、大杉哲也さん、北田雄夫さん、丹羽薫さん、上宮逸子さん。

よくこんなに集まったなおいw

計200人に満たない小規模大会に、よくこんなすごい人たちが集まったなと思う。
大当たりだ。
ほんとにこれらの人たちと同じコースをぐるぐる走れちゃうん?
抜かれたら、抜き返そうと勝負挑んじゃうわ(ムリw)



今年、前に進むことをあきらめている人が多い。
でも自分は、どんな時でも課題や目標を持って何かに取り組みたい。
今年これをやったというものを残したい。
1年間も立ち止まっていましたなんて、自分が許せない。

暑いだろうけど絶対リタイヤしない。
じゃぶじゃぶ水をかぶるんだろうな。

60Kの部の制限時間は14時間。丹後と一緒。
スタートは、なんと21時半w
密を避けて、周囲への影響を避けて、応援にも来にくい森の中での孤独なナイトトレイルレース。
暗闇と暑さで思うように走れないだろうけど、12時間でゴールできないかな。甘いかな。わからない。


暗闇とムシ暑さとの戦い。どうなるか、ちょっと怖い。

でも絶対、自分は今年も前に進む。
UTMFを目指して、気持ちで走る。


大会を主催してくれた事務局のみなさん、協力してくれたみなさん、感謝申し上げます。
どうしたら大会を開催できるか、必死に考え工夫してくれたことがよく分かります。
本当にありがとう。
精一杯走ります。



にほんブログ村


プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ
UTMF2021に出るはずだったものの中止。2022年大会完走を目指します。


にほんブログ村

【主な戦歴】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:28'35"
〈グロス3:29'51"〉
(2014.12奈良マラソン)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村