FC2ブログ

(707)おんたけ100Kレポ1(大きな発見)

やべっちです。

筋肉痛のため絶賛ランオフ中♪
でも、筋肉痛は山中温泉のときより格段に楽に思う。
走り終わったときは股関節の痛さがひどく、丹後はもう走れないと本気で思ったけど、走るのは大丈夫そうだ・・・。
微妙な気持ちw



さて、今回のおんたけ100K。実は結構つらくてですね。
自分、ゴールしてシャワー浴びた後、ぐったりして動けなくなったんですよ。
(シャワーだけはなんとか浴びたw)


吐き気がして(結局吐かなかったけど)、当然食欲なく、小雨が降る中、仰向けでベンチに倒れてしばらく動けませんでした。
山中温泉では、ゴール後にカレーライスとうどんをガツガツ食べれたのと大違い。
山中温泉のゴール後は楽しかったな。対して、おんたけのゴール後は楽しむ余裕がなかった。
焼き鳥食べたかった。
ちょっとムリして走っちゃったなあと、後悔しながら倒れてたw


いやね、終盤なんとか14時間台でゴールできないか?と色気出たんですよ。
14時間台でゴールしても何もないんだけど、キリがいいから気分的にw
でも、距離表示がアバウトなトレラン大会。思ったよりゴールが遠く、思わぬアップダウンもあり、7分超も届かず。


おんたけのコースは、基本、岩石がゴロゴロした林道でした。
急な登り下りは無く、だからちらほらと普通のランシューのランナーもいたりして。
ただ、こんな道を作業車が走ったらタイヤがパンクしないか?と思う尖った岩石も多く、地面がとても硬かった。
下りでの足へのダメージが結構大きく、歩いている人もいた。
尖った石を踏むと痛いので、自分はやっぱりソールの柔らかいランシューよりトレランシューズの方がいいと思う。
ふかふかの土道はなかったので、あまり溝がないシューズで良し。
厚底のホカを履いているランナーが多かった気がする。



さて。忘れないうちに、今回おんたけを走ったことによる大きな発見を最初に書く。
50km過ぎの話。


自分、50km過ぎ、走れなくなったんですよ。ふくらはぎがひどい筋肉痛になって。
山中温泉の疲労が、ここでとうとう来たなと思った。
50km地点の表示のところで、朝6時57分だった。
一応ここまで7時間で来たけど、でもここから後半50kmを7時間では絶対ムリだな、この先は厳しい戦いになるなと覚悟した。


0時にスタートしたんだけど、まあまあ雨が降っていて、レインジャケットを着て走り出しました。
そして朝5時くらいかな。空が明るくなってきたと共に、雨が小降りになってきて、
レインジャケットを脱ぐ人がちらほら出てきたので、自分も脱ぐことにしました。
自分、少し涼しいくらいの方が好きなので。脱ぐのは早い方だったと思う。


ただ、その後もずっと霧雨が降っていたので、ほどなくTシャツは完全に濡れてしまい。
でも、下にファイントラックを着ていたので、決して寒くなく、むしろ体感的には適温と思っていたんです。


でも、自分の体感とは異なり、実際には、手足はだいぶ冷えていたようで。


時間が経つにつれ、だんだん手の握力がなくなってきた。
けど、走るのに握力はあまり関係ないので、ほっておいたんだけど。


でも、体の末端である手に異常が出てきたのに、足だけ正常なはずないですよね。
50kmを過ぎて、両ふくらはぎが猛烈に痛くなって。もう走れませんでした。
2~3kmもふらふらと力なく歩いたと思う。
当然ダダ抜かれ。


そのとき、初めて自分の手のひらを見たんです。びっくりした。
プールに長時間入りすぎたときみたいに、手のひらがふやけて真っ青。血の気がない。
あっ!?これはまさか冷えているのか??と、そのときようやく気付いた。


体を温めないといけないと思い、まず、再びレインジャケットを着用。
そして、靴下を、予備で持っていたハイソックスに履き替えた。
今回、手袋をしていなかったんだけど、ザックの中に先日ワークマンで買ったテムレスがあるのを思い出し、テムレスを着用。
(なお、テムレスは、男性はLサイズにしよう。Mは小さいです。)


そして、歩きながら、おにぎり2つを食べ、クエン酸顆粒2包、食欲落ちるのを覚悟でロキソニン1錠を飲みました。


できる限りのことをして歩いていると、15分ほどで少し走れるようになり、
走っていたら汗をかきだした。


すると、ふくらはぎの筋肉痛が消えだした!
そして、みるみると手のひらの血色が良くなった。
この日、それまでずっと尿意があったんだけど、尿意がなくなった。
そしてその後はゴールまで、不思議とまあまあ走れたんです。


ロキソニンの効果もあるだろうけど、それだけじゃない。
ロキソニンはこんなに筋肉痛には効かない。


自分、これまでずっと、走るときのウェアは汗をかかないくらいの方がいいと思っていた。
だからレースのときは、いつもできる限り薄着。
寒さに耐えられる限り、ウェアはいつも1gでも軽く、と思っていた。


でも、今回、この考え方が大きく変わった。
汗は、むしろ、少しかくくらいの方がいい。汗をかかないときは、体がうまく機能していない。
尿意が異常にあるときは、汗をかいておらず、体が機能していないと考えていい。
汗をかくくらいじゃないと、体に血液が循環せず、回復機能が働かず、疲労が溜まるばかりになる。


自分がこれまでフルを撃沈してきた主因は、冷えじゃないのか。
いつもふくらはぎが痛くなり、腕がしびれていた。これらは冷えのせいなんじゃないか。


自分がハーフや30kmまでなら走れるのは、2時間半程度までならギリギリ冷えに耐えられるからなんじゃないのか。
唯一、長距離で走れたことのある丹後は、9月だった。
寒い時期のフルを、自分はちゃんと走れたことがない。


自分の撃沈の理由、これだろwww


やべっち、フルの走れない理由を、とうとう今回のおんたけで発見w
やた!これで俺はもうフルを撃沈しねえ!撃沈王卒業だ!

きっと、3時間20分はいけるなw ←まず3.5できてから言え


と、冬まで夢を見ようと思いますw



にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ
2018年富士登山競走をめでたく完走。今後は試行錯誤しながらITRAポイントを貯めて2021年UTMF完走を目指す。


にほんブログ村

【主な戦歴】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:28'35"
〈グロス3:29'51"〉
(2014.12奈良マラソン)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

【今後の大会予定】
■2019.6.23
山中温泉トレイルレース80K
■2019.7.14
おんたけ100K
■2019.9
丹後100K

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村