FC2ブログ

(687)女人禁制の山を登る(その2)

やべっちです。

大峯山に登った話のつづきです。


山の入口の女人結界門をくぐり、最初は造林された杉ばかりだったけど、
しばらく登るとこんな植生に。
倒れた木にはコケが生えていたりして美しい。



水をくめるところがありました。
山伏「役行者(えんのぎょうじゃ)慈悲の助け水」。ありがたい水だ。

自分達以外にも、水をくんでいる人が2人いました。
ちなみに、大峯山を登ると、すれ違う人たちは「こんにちは」ではなく、
みんな「ようまいり~」(よくお参りに来られました)と声をかけてくれます。


そして、道の途中には数カ所、こんな感じの小屋が。
結構大きい。



小屋の中はこんな感じ。

カップ麺など、ちょっとした食べ物が売っていて、休憩できる。
カップ麺は1個300円くらいだったかな。

そして、奈良の秘薬「陀羅尼助」(だらにすけ)が売っている。
陀羅尼助、知ってますよね? 関西以外の人は知らないか?
どこの小屋でも、どどーんと陀羅尼助の看板を出している。
こんなところでわざわざ陀羅尼助を買う人いるか?と思ったけど、
自分達がウルトラを走って胃の調子が悪くなるように、大峯山を登っている途中に胃が悪くなる人もいるかもなw
みんな、ウルトラで胃を悪くしたときはガスター10じゃなくて、陀羅尼助かもしれないぞ。
聖域の薬だからなw


いくつか小屋を通り過ぎると、だんだん道が急になってきた。
天気もだんだん悪くなってきて、雨が降り始め、気づいたら周囲の視界は無くなり、真っ白に。展望なし。
風も強くなってきた。




そんな中、こんなくさり場が出現。
雨で濡れているので、もはや手を使わないと登れない。



途中にはこんなのも。



そして、いよいよ大峯山寺と書いたこんな門に到達。
雨の中、門の向こうからはほら貝を吹く音が聞こえる。まじで。
脇には「身口意三業整え参入召されよ」との立て看板。
身口意(しんくい)とは、
身(しん):身体で犯す罪。人に危害を加えたり、物を盗むとか。
口(く):口で犯す罪。悪口を言ったり、嘘をついたり、人を騙したりとか。
意(い):心で犯す罪。妬み、怒り、人を陥れようとしたりとか。

ラスボス登場の雰囲気満載w


石階段を登っていくと、こんな大きなお堂が。
これが大峯山寺の本堂らしい。
巷のお寺の雰囲気とはだいぶ違う。
飾り気がなく、昔のままの寺で、ここだけ時が止まっている感じ。



雨が降り、「ゴーーーーー!!!」とものすごい音をたてて風が吹いていた。台風みたい。
周囲に、自分たち以外には下から登ってきた感じの人はいない。天空の寺という感じ。
でも、本堂の中では、修行している人が1人、黙々とお経を唱えていた。
時々ほら貝を吹き、さっきから聞こえていたほら貝の音はこの人が吹いたものだった。

荒れた天気のせいもあって、異次元な感じがすごかった。

静かに手を合わせ、ありがたく参拝させていただきました。


この後もまだまだ波乱がつづく。



にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ
2018年富士登山競走をめでたく完走。今後は試行錯誤しながらITRAポイントを貯めて2021年UTMF完走を目指す。


にほんブログ村

【主な戦歴】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:28'35"
〈グロス3:29'51"〉
(2014.12奈良マラソン)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

【今後の大会予定】
■2019.6.23
山中温泉トレイルレース80K
■2019.7.14
おんたけ100K
■2019.9
丹後100K

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村