FC2ブログ

(593)富士登山競走レポ2(完走のタイムリミットと装備)

やべっちです。

土日をランオフし、今日久しぶりに帰宅ランしました。
当然、マフェトンペース。
暑かったけど、気持ちに余裕のあるジョグっていいわ~~w


////////////////////////////////


富士登山競走のレポです。
少しずつでも進めていかないと終わらないから、少しずつ頑張るw


今回、以下のような完走のタイムリミットを書いた紙を
幅広セロテープで輪っか状にして、左手首に巻いていました。

【山頂完走のタイムリミット】
浅間神社 0:17:00
中ノ茶屋 0:41:00
馬返し 1:08:00
二合五勺 1:31:00
五合目関門 2:09:00
六合目安全指導センター 2:26:00
花小屋 2:49:00
鳥居荘 3:05:00
太子館 3:22:00
白雲荘 3:38:00
八合目関門 3:55:00
御来光館 4:04:00
九合目白鳥居 4:16:00


もちろん、この時間をオーバーしても巻き返せる人は巻き返せるんだろうけど、
でもそれはネコさんのような爆発力がある一部の人だけで。
ちなみに出元は、どなたか親切な方が昔に作ってくれたこのページ

自分、いずれの地点でも、みごとにタイムリミットの1分前以内でした。
終始ギリギリすぎて、登りながらつらくて心の中で泣いたw
決してうまくペース配分したわけじゃない。
自分がペース配分へたくそなのは、みんなよく知っているはずだw


前半からギリギリだったので、ずっとペース上げなきゃ上げなきゃと焦っていて、
1人でも多く、前のランナーを抜くことを考えていた。
通過順位をみると、馬返し1313位→五合目1114位→八合目1004位→ゴール949位。
馬返しから364人抜いた。すばらしい。

が、最後まで、どなたかが作ってくれたタイムリミットの1分前以内から抜け出せなかった。
ということは、自分が後半ペースを上げられたんじゃなく、自分はあくまでもイーブンで、
周りのランナーが落ちていったというのが正解かもしれない。


次に、今回の装備はこんな感じでした。

・ぐわぁT(袖を切ったやつ)
・短いランパン(自分の持っているので股関節のストレスが最も少ないもの=太ももが上げやすいもの)
・イノベイトトレイルタロン
・タビオ5本指ソックス
・息子からもらったバフ
・リストポーチ(100円玉2枚(有料トイレ用(使わず))、千円札(予備)、保険証コピー、薬(ロキソニン、ストッパ、ガスター10(いずれも使わず))、参加賞についていた浅間神社の完走守(←わざわざ持ったw))
・マグオン2、ザバスピットインゼリー1、メイタン赤1、メイタンゴールド1(←うち2つはランパンのポケットに入れ、3つは頭のバフに挟んだ。マグオン1は結局飲まず)
・アミノバイタル顆粒2本、塩サプリ2本(←ゼッケンの裏にセロテープで止めた。塩サプリ1本は飲まず)
・水が120mlだけ入る小さなソフトフラスク(←紐をつけて落とさないようにし、手で持った。給水所ごとに水を足した)
・アキレス腱にばんそうこう(靴擦れ防止のため)

富士登山競走は重装備のランナーも多い中、自分はとてもシンプルだったと思う。
一応、考えに考えた結果だ。
バックパックやボトルポーチも前日夜まで悩んだけど、結局やめました。身軽さ、動きやすさ、涼しさ重視。
サングラスやゲイターもなし。

でも、サングラスはあった方が良かったかも。


短いけど今日はこれで。
次回からレース編。

つづく。



にほんブログ村

スポンサーサイト

(592)富士登山競走レポ1(全体の振り返り)

やべっちです。


昨日の長居ぐるぐる、みなさんお疲れさまでした。
長居に富士山のおみやげを持って行ってきました。

たくさんの人に「完走おめでとう」と握手してもらえて、とても嬉しかった。
頑張ったかいあった。


あの厳しいし~やんさんにも握手してもらえた。
昨日はさすがにおめでとうと言ってもらえて、いじられなかったw
でも、富士山完走の効果は丹後前日までやで、丹後で走れなかったらまたいじるでって言われたw キビシイw
丹後は9/16、残すところあと1か月半。
富士山完走の効果は1か月半だけ?
短すぎませんかねw

昨日、し~やんさんは先日の琵琶湖200kmの参加賞Tシャツを着てた。
200km完走はとてつもなくすごいんだけど、でも、その参加賞シャツがまたいけてないシャツで、
おぐらさんにひどいデザインのシャツだといじられてたw
し~やんさんをいじるおぐらさんはさすがだと思ったw


////////////////////////////


さて、富士登山競走ですが、自分のレース自体のレポについてはあまり需要ないんじゃないかと思っていて、
レース自体のレポは簡単に済ませ、どんな練習してきたかとか、今回どんな装備だったかとかを中心に書きたいと思っています。

ブログ村にはすごい人がたくさんいて、自分なんて全然大したことない。
他の走った人の記事を見て、山頂コース3時間10数分とか40数分とか、五合目コース1時間40分てなんだよ、みんなばけもんか!って思いながら見てるw

まあ、自分はあくまでもギリギリの凡人ランナー代表としてw
でも、富士山完走をめざす世の中のランナーの最もボリュームゾーンのはず。
自分、五合目タイムは2:01'30"(2016年7月)、大阪府チャレンジ登山(ダイトレ)は4:43'58"(2018年4月)だった。
このへんがどうも山頂コース完走ライン。


今日はまず、タイムの全体的な振り返りだけ。

■馬返し通過
 タイム 01:07:17
 順位 1313位

■五合目通過
 タイム 02:08:18〈ラップ1:01:01〉
 順位 1114位

■八合目通過
 タイム 03:54:54〈ラップ1:46:36〉
 順位 1004位

■ゴール
 タイム 04:28:29〈ラップ0:33:35〉
 順位 949位


ちなみに、考えていた完走のタイムリミットは次のとおりでした。
馬返し 01:08:00
五合目 02:09:00
八合目 03:55:00
ゴール 04:29:00(1分保険)

実は、できればもう数分ずつ早めに通過したかったんだけど、どこの地点でもタイムリミットの1分以内におさまってしまい、
終始ギリギリの薄氷の展開だった。
少し何かあればゴールできなかった。


つづく。



にほんブログ村

(591)【遅報】富士登山競走(山頂コース)結果

大変遅くなりました。
さっき、富士山から帰ってきました。


さて、2018年7月27日(金)、第71回富士登山競走の山頂コース。
去年のリベンジ戦。

根性ないやべっちには富士山完走はムリだろという事前の予想を覆し!
なんと!やべっち、4時間28分29秒で完走しました!

ゴール時、自然とガッツポーズが出た。
辛かった。根性出した。泣けたw

応援naviとやらに出てるらしいんだけど(←見つけ方わからん(^^;))、
チェックポイントごとに通過順位を上げ、
今年はネコさんの追撃を振り切りゴール。


昨秋、忍者トレイルなんかに出てる場合じゃねーよと言われながら、これまで数か月間、めげずに山登りに必要な筋肉をつけるのを頑張った。
俺の生き様見たか!
やりました!やべっち一冠!!!


みんな、本当に応援ありがとう。


にほんブログ村


なお、あやたさんは完走したのに泣いてくれなかったらしい。
なんだよ、泣くって言ってたのにw

(590)富士登山競走5日前

やべっちです。

「はたらく細胞」見ました!?
インフルエンザと大格闘でしたね~。
かわいいマクロファージさんがあんな剛力キャラとは想像していなかったw

来週の放送は「食中毒」だって。
つらい話が続くわーw ←楽しみにしすぎ


//////////////////////////////



さて!
今年の富士登山競走は、7/27(金)午前7時スタートです。
制限時間は4時間半なので、11時半ゴール予定です。


ここ数日、何回かブログを書こうとパソコンを立ち上げ、
最近した練習とか、富士登山競走の装備のこととか、ペヤングのこととかw、色々書き始めたんですが、途中で消しました。

何を書いても富士登山競走を完走しないと意味ないなと思って。
そうじゃないと説得力がない。
この直前にペヤングのことを書いている場合でもないw


大会まであと5日です。

あとは月・火・水があって、木曜日は移動、金曜日は当日なので、
自由に動けるのはあと3日。
もう走力の上積みは望めない。
既に勝負あった。


この数か月、自分でできる限りでの練習はしてきたと思っている。
どういう練習をしてきたかは完走したら書く。
完走できなかったら書かないw


できる限りの練習はしたが、完走の自信があるわけではない。

でも、勝算がないとは思っていない。
自分の体を見て、去年と変わったと思うところがいくつかある。
いい勝負ができるはずだ。と思っている。


自分、スポーツは結果が全てではないと思っている。
スポーツだけじゃなく勉強とか何でもそうだけど、それまでの過程がとても大事だ。
人間として、どう取り組んできたかが大事ってことだ。

もしも、練習を頑張らないでサブ3できたら嬉しいか?
勝負を避けて決勝トーナメント進めたら嬉しいか?
それで自分は心底喜んでるか?
もっと全力出してみたくなかったか?


そういう意味では、自分はこの数か月の過程をみて、満足している。
自分に甘いと言われるかもしれないがw
あくまでも自分比だ、自分比w


・・・が、富士登山競走、完走したいねん!
過程だけじゃ満足できーーん!
結果がほしい!(支離滅裂w


というわけで。
だいぶ早いんですけど、富士登山競走前の記事の更新は今回を最後にします。
大会前に、もうこれ以上の書くことないっすw


自分、ゼッケン番号「1279番」です!
富士登山競走、ランナーズアップデートあるよね?
ぐわぁTを着て走る。

7/27(金)、俺の生き様見てろ! ( ゚Д゚)ゴルァ!!




にほんブログ村


(589)はたらく細胞(深夜アニメ)

やべっちです。

暑っつい!

この暑さはやばい。まじやばい。
子どもに、どこかに出かける?って聞いても、出かけたいって言わないもん。
今日の奈良市の最高気温は37.5度だったみたい。
午後は家族みんなでエアコンかけたリビングに缶詰状態。

この3連休、みんなどういう練習しました?
昼間に大阪城公園や長居で10km走った人はすごい。
もしもペース走やった人がいたら、ヘンタイすぎw
夕方もまだだいぶ暑いので、夕方走るのもしんどいなあ。


自分は、まず土曜日は午前中に春日山原始林。
風があり、涼しくてよかった。

ただ、もう少し荒れた山道を走る練習がしたいと思い、日曜日は矢田丘陵へ。
でも、早朝に行ったものの、これがまた思ったより暑くて、終盤ヘロヘロ。

なので、今日は再度、午前中に春日山原始林。
でも、今日は春日山原始林も結構暑かった。
風があまりなく、最近雨も降っていないので、森も暑くなってきている印象。


今週も暑いらしいですね。
つらい1週間になりそう。


/////////////////////////////////


さて。
この流れで、ランネタを書くのかと思いきや、
今日は全然ランネタと関係ないこと書いてもいいですか?w



最近、とても気に入っているアニメがあります!

はたらく細胞」というアニメ。

自分もトッティが偶然録画してて見始めたんだけど、これがまた超絶面白い!!
関西では、BS11で、毎週日曜日の0時~0時半でやってます。


登場人物がみんな血液中の成分の名前がついててで、
血液中で起こっていることをおもしろおかしくアニメにしたもの。
主人公は赤血球さん(♀)と白血球さん(♂)。

今週第2話の放送があって、今週は「すり傷」というタイトルだった。
すり傷をして、傷口からいろんな細菌が襲ってきて、
その細菌と白血球さんが戦いつつ、血小板さんが傷口をふさぐというのをストーリーにしたもの。

・・・アニメの面白さを自分では文章で表現できないのがつらいw


漫画ってアイデアだなあ。
この作者の人、天才。

1話目は、肺炎球菌が体内に侵入してきて、白血球さんが戦い、
最後はくしゃみミサイルに閉じ込めて、体の外に排出するというものだった。

3話目は、「インフルエンザ」の予定。
インフルエンザ菌が登場か。強敵だなあ。
白血球さん、負けるんじゃないか。

そこを、外部からの救援隊が助けるのかな。
タミフルさんとかリレンザさんとかイナビルさんとかw
うわーおもしれーw
次回の放送、楽しみすぎるw


ストーリーも面白いんだけど、血液中の成分の役割もわかって、勉強にもなりますw
そのうち、アミノ酸さんとかクエン酸さんとか脂肪さんとか出てこないかな。
と、無理やりランネタに絡ませようとしたりしてw

おわりw



にほんブログ村


(588)NBザンテのレビュー

やべっちです。

なーくんが富士登山競走の試走に行ってきたらしい。
焦るわー。

なーくんなんて完走は鉄板だから、試走なんて行かなくていいのに。
自分みたいなのが一番必要なのに。

自分も行きたい気持ちがないわけではない。
が、怖い。
時間かかるし。

ほら、行かなければ富士山までの移動時間分、練習できるし。
無理して行って寝不足とか風邪になって体調崩しても困るし。

と、色んな言い訳を考えながら、モヤモヤしてブログ書いてます・・・。


///////////////////////////////


さて、今日は、少し前に買ったシューズのレビューを書く。

初めて買ったニューバランスの、「FRESH FORM ザンテ」現行モデル。
3回ほど履きました。

現行モデルはv4と呼ばれていて、シリーズ4代目らしい。
サブ4ランナー向けで、重さは26.5cmで片足230g(実測)。
靴幅は、標準(2E)と細目(D)があり、自分は細目(D)を購入。

自分は足幅がやや細目のようで、ターサージールでもスリムの方がしっくりくる。
ただし、ザンテはDでも、自分には幅が少し太いように感じる。
自分、シューズの縦幅は少し余裕があってもいいけど、横幅はぴっちりしたのが好きだ。

甲の辺りは靴紐で締めるので問題ないけど、靴紐で締めきれないつま先部分に少し余裕を感じる。
でも、このへんは5本指ソックスを履いたり、厚手のソックスを履いたりして調節すれば、問題はクリアできると思う。
少し不満を感じているのは事実なんだけど、
丹後用なので、後半は足がむくんで太くなるだろし、このへんは結果オーライになるはずと前向きに考えるw

ちなみに、靴紐はかなりの弾力があり、引っ張ると適度に伸びる。
アシックス、アディダス、ナイキにはなかったタイプの靴紐だ。
フィット感を向上させるための工夫と思う。
なかなか良い。


そして、このシューズの最大の特徴はミッドソールと思う。
クッションにはFRESH FORM(フレッシュフォーム)という名前が付けられていて、
自分の履いた感じでは、ナイキのルナテンポより硬く、
ライトレーサーやアディゼロ旧マナより柔らかい。

去年、ルナテンポを1足買ったんだけど、自分はあれはもうひとつだった。
みほはルナテンポを絶賛してるけど。
自分が思うに、ルナテンポはソールが柔らかく、踏み切るのに力がいるねん。
クッション性があり、着地のときはいいのかもしれないけど、
踏み切るときは柔らかさのあまり、グッと力を入れないと前に進む力が地面に伝わらない感じがした。
自分、少し硬めのソールが好きなのかも知れない。
このへんは好みの問題と思うんだけど。


それから、ザンテのもう1つの特徴は、土踏まずの部分が高めに作ってあると思う。たぶん。
自分、土踏まずが少し高め。
なので、ザンテは履いたとき、インソールが足裏にぴったりきて、ちょうどよいと感じる。


というわけで、
・靴幅は細目
・クッション性があり、やや厚底であるものの比較的軽い。
・ソールは、踏み切る力が地面に伝わるよう、少し硬め
・靴に足を入れたときの感覚が心地よい
という条件で丹後用のシューズを探していたところ、出会ったのがこのザンテでした。

ナイキのオデッセイは、足を入れたときの締め付け感が辛かった。
あれで100kmはいやだ。
なんか束縛されている感じw


ちなみに、自分が生涯1種類しかランシューを選べないとしたら、
選ぶのはアディゼロ旧マナだ。
まだ1足持っていて、大切に履いている。だいぶ痛んできたけど。
細身で、フィット感、グリップ力、軽さ、ソールの適度な厚さ・硬さ、安さがすばらしかった。
なんで廃盤になったんだ(泣)

まあ、旧マナで丹後はないけど。


ちなみに、やべっちが丹後の奇跡で履いたシューズは、ジャパンブースト2だ。
結果を出してくれたシューズだけど、あのシューズは丹後でも爪が当たって痛かってん。

以上、ご参考に♪



にほんブログ村


(587)神様と話しながら走った日曜日

やべっちです。

ここ数日の大雨すごかったですね。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。


さて、7月に入り、富士登山競走の練習期間としては終盤戦。
でも、先週1週間はあまり練習できませんでした。

月曜日(7/2)、ダイトレ練のダメージのためランオフ。
火曜日と水曜日、まだダメージが残っており、マフェトン10kmとウインドスプリント数本。
木曜日、雨のためマンションの階段上り計100階。
金曜日、雨のためランオフ。っていうか飲みに行った。
土曜日、雨のためジムで15度×30分(6→8km/h)、ステップマシン30分×2本、15度×30分(スピードウォーク5→6km/h)


で、日曜日。やっと晴れた。
が、朝から陽射しが強い。
湿度も高く、蒸し暑い。
セミも鳴き始めた。

やばい気配を感じつつ、9時半頃、外へ走りに出た。
まずは大雨の影響を探りに平城宮跡へ向かい、2kmほどジョグ。

そのときマラ神さま出現。

神「おいおい。今日、外を走るの久しぶりなのに、まさかLSDで終わらないよな。富士山までもうあまり練習機会ないんだぞ。山に行けよ、山に。」

自分「でも昨晩まで雨だったから、まだ山はゆかるんでて走れないと思うねん。数週前にもそんなことあったし。」

神「なら、舗装道でいいから山に行けよ。この時間なら、矢田丘陵を越えて暗峠だ。」

自分「・・・」

神「行けって!」

しぶしぶ、国道308号へ出て、生駒山方面に足を向ける。


暑い。砂茶屋の交差点に至るまでで大汗をかく。
早くも水350mlほども飲んでしまい、げんなりした。
しかし、ここからが登り坂本番。
砂茶屋から榁ノ木峠まで、まあまあ長い。が、何とか到着。

でも、榁ノ木峠に着いたところで歩いてしまう。
神「馬返し直前はもっとしんどいぞ!」
そうだな。分かってる。あのしんどさは忘れていない。


南生駒まで下る。

南生駒の自販機でスポドリを購入。
そして気合いを入れ直し、暗峠を目指す。
神「暗峠まで、絶対歩かず行け!」
暑いので、木陰を選びながら走る。

そして、なんとか歩かず暗峠に到着。
ゼーハーして息絶え絶え。
汗が滴り落ち、しばらくひざに手をつく。


ポラールを見る。
そこまでの距離、17km。
びみょー・・・。

神「今日まだ走れるんちゃう?これで枚岡駅まで下って終了では甘すぎるで。20kmにもならへん。ここはもう一度南生駒に下るべきやな。でも、南生駒から電車はないで。最低でも東生駒駅、妥当なところで富雄駅だな。でも、富雄駅まで行ったら学園前駅はすぐやで。そして、学園前駅まで行けたら西大寺駅が見えるな。帰れるやん。ま、とりあえず南生駒まで戻ろか。」

どんどん逃げ道を減らす神。
くっそ、と思いながら、ゆるゆるで下り始める。

神「なんだよ。ペース、ゆるゆるやないか。ぼーっと走ってんじゃねーよ!(チコちゃん風)」

やべっち、NHKのチコちゃんに叱られるがとても好きだ。ドはまりだ。
ってそんなことはどうでもいいなw


神「これはあれだな。南生駒まで戻っても、そこから平坦な道もゆるゆるで走るつもりやろ。そやな。もう一度、暗峠へ登り返して、そして枚岡駅に下って終わりにするか。どうせゆるゆるで下るなら、大阪側の激坂の方がふとももに効いてええわ。」

自分「いや、もう一度暗峠へ登り返すのはしんどいって。なんだかんだ言って、もう3/4くらい下ってきたし。勘弁してよチコちゃん。」

神「チコちゃんじゃねーし。
よし、そやな。じゃあこうしよ。今日も何人か暗峠を目指して走ってるランナーがいるやんか。万が一、知ってる誰かが暗峠を目指して下から登ってきたら、もう1回登ることにしよか。万が一や、万が一。そうそうあらへんて。よっしゃ、決定な。」


そんなことを思ってから、わずか1分後。

神「ほら、真っ赤なシャツ着たシャアザクみたいなのがひとり登ってきよったで。見たことのあるシルエットや。」


おぐらさんだったw

と同時に、暗峠への登り返し決定(白目


なかなか笑えるドンピシャさだった。
おぐらさんには、なんで自分がウケてたのか分からなかっただろうけど。

おぐらさんと再度暗峠を登り、自分はそのまま大阪側を下って枚岡駅から電車に乗って帰りました。
神の思惑どおり、大阪側の激坂の下りはふとももにとても効いた(白目


今週は、平日2日の練習予定。1日はゼーハーする練習をしたい。
富士登山競走まで、あと18日。



にほんブログ村


おぐらさんは、練習でも頭に水をかけて頑張っていて、
改めてすごい人だと思いました。
おぐら伝説をまた見ましたw


(586)長時間激しい運動をすると体温が上がるというのは本当だ

やべっちです。

今日は暑かったですね。
朝から、kenさんとダイトレに行ってきました。
二上山から、葛城山を経て、金剛山の往復。

ちょっと期待していたんだけど、やっぱり田中陽希には会えなかったわ。
葛城山・金剛山には、やっぱり昨日登っていた模様。
1日違いだった。
ざんねーん(>_<)


今日のルート。往路のみ。
GPSを止めた場所は金剛山の葛木神社の一の鳥居。
ダイトレ0701-1

金剛山近辺を拡大。
青い○の部分で道に迷っていますw
ダイトレ0701-2

いやね、登りを頑張りたかったので、途中で、kenさんと金剛山の一の鳥居で落ち合うことにし、少し先行して登ったんですよ。
すると、案の定、盛大に道に迷ってしまったようで。
無事に金剛山に到着できたからよかったものの、自分が登ったルートは途中からダイトレではなかった模様。
kenさんとの合流後、そう教えてもらうまで、ちっともそんなこと思ってなかったわ・・・。

やっぱり自分は山はひとりで行ったらいかん。
超素人なことを自覚しないと。反省。


そんなこんなで、今日は迷ったのも含め、コミコミでなんと6時間40分も体を動かしました。
あのkenさんが、ゴール後ぶっ倒れ、気持ち悪いと直帰。

自分はひとり風呂に入り、マクドでハンバーガーを食べて帰ったんだけど、帰宅後、自分もやけに体が熱いなと感じた。
自分、平熱は35.8か35.9度くらいだ。

カブさんも水都大阪後に体が熱いと言ってたなと思い出し、
試しに自分も体温計で体温を計ったら

・・・36.5度だったw

体、酷使したなあ。
長時間の激しい運動は、ほんと体に悪いですwww
さっき水浴びし、体全体を冷やしましたw


kenさん、無事帰れた?
体調回復したかな?



にほんブログ村


プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ
2018年富士登山競走をめでたく完走。今後は試行錯誤しながらITRAポイントを貯めて2021年UTMF完走を目指す。


にほんブログ村

【主な戦歴】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:28'35"
〈グロス3:29'51"〉
(2014.12奈良マラソン)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

【今後の大会予定】
■2019.6.23
山中温泉トレイルレース80K
■2019.7.14
おんたけ100K
■2019.9
丹後100K

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村