(27)スポーツ店で薦められたシューズのサイズ

今日の午前中、走る準備して外に出たら、待ってましたとばかりに雨が降り出した。
さっきまで降ってなかったのに。
でも、今日はぜひともペース走をしなければならない。
雨なんて関係あるか(゚Д゚)ゴルァ!
と走ってきた。

・・・風邪ひきませんように。(-人-)合掌

///////////////////////////

さて、新しいシューズを買いたいってこんな小ネタで2話目w

新しいシューズですが、
実は今回、ぜひともターサージールを買いたい。
はい、そこ。つっこまない。
自分には、まだ背伸びしすぎというのは重々承知。
でも、やはり一度このシューズを履いてみたいんです。
だめだったらまたソールの厚いシューズにするから。

買うシューズは決まっているので、あとはサイズを決めるのみ。
色はどれでもいい。
もちろん、トレーニングモデルじゃないやつを買う。
ターサージールは、幅が標準サイズ(2E)、スリム、ワイドの3種類。
ワイドはないだろうけど、スリムは薦められる可能性があるかなって思ってた。

そして、少しどきどきしながらスポーツ店の店員さんに頼み、足のサイズを計ってもらう。
まず座って計測器にかかとを合わせ、そのまま真っすぐ立ち上がってください~とか言われながら。

しばらく間があって、足のサイズを書いた紙をもらった。

右 足長25.0cm 足囲250mm
左 足長25.5cm 足囲245mm

あれ。
左右で結構数字が違う。

間髪入れず、店員さんが言った。
店員さん「シューズの幅は両足とも2Eでいいですが、左右の足の長さが5mmも違うので、右は26.5cm、左は27.0cmがいいですね。」

え?
それ、どうしたらいいですの?

店員さん「一番いいのは、26.5cmと27.0cmの2足を買って、片方ずつ履くのがベストです。履かないもう片方ずつは余っちゃいますけどね。はっはっは。」

いや、はっはっは、じゃねーよ。
1足分のために2足買うって選択肢はないっちゅーねん。(゚皿゚メ)

そうなのか、自分の足。
右足の方が小さいのか。利き足なのに。
ってか、足長25.0cmって予想外に小さいな。
結構ショック。


とりあえず、店員さんにターサージールの2Eの26.5cmと27.0cmを履かせてもらう。
27.0cmはやはり、いつも履いてるアディゼロと同じくらいのつま先の余り具合。
26.5cmは少しだけつま先に余裕があるものの、ほぼぴったりな感じ。
左足はややきついか。でもこのくらいが普通なのか?

このとき、ぴったりの方がいいのか、少し大きめの方がいいのか、店員さんに聞きませんでした。
まだこのとき、ぴったりの方がいいのかもって頭がなかったので。
でも、この店員さんは、どちらかというと無難に大きめのを薦めてたかなあ。

で、結局このときは、2足は買えないので、ちょっと考えますと言ってひとまず退散。


帰り道、考えた。
ターサージールもやっぱり27.0cmにするか。
でもし~やんさんに27.0cmは大きいんじゃないかって言われたんだよな。
そういえば、アディゼロジャパンも右足のつま先の布が少し余ってた。
一度26.5cmにしてみるか。
でも、下り坂で爪がつま先に当たって痛くならないか心配だなあ。
さて、どうしよう。

調べてみると、らぴゅたびとさんの言うとおり、ネットでもぴったりサイズの方がいいとの意見がある。アドバイスありがとうございます。
でも一方で、つま先は1cmくらい余裕のあるものが良いでしょうと書いているものもある。
最後は自分の判断か。

まあ、今回測定してもらって確実にわかったこと。
自分はワイドではないw


でも、今日この記事を書いているうちに、何センチを買うか心が決まりました。

というわけで、まさかの3話目につづくw


↓応援クリックよろしく♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

(26)新しいシューズを買いたい

自分は、足裏などにマメができてしまった場合には、針で穴をあけて水を抜いて、石鹸で洗ってからマキロンつけてくぅぅぅ~~!ってうなる派ですw
なお、マメが破けてしまった場合には、潔く切り取ってしまい、同じく石鹸で洗ってからマキロンつけてどっひゃーー!って転げまわる派ですww

///////////////////////////////////

さて。
少し前の話になりますが、土山マラソンのスタート前にし~やんさんに言われたことがあります。
そのシューズ、大きいんじゃね?って。
実はその後ずっと気にしてます。

いま自分は、大会ではアディゼロジャパンの27cmを履いています。
10kmでもフルでも100kmでも基本的にこれ。
自分、3足しかランニングシューズを持ってないからw
日々の練習ではアディゼロテンポとマナを交互に履き、大会前と大会ではジャパンを履いています。
ちなみに、テンポとマナも27cm。

ところが最近、テンポのサイズが合わなくなってきて、履くのをやめました。
布が伸びたみたい。ソールも押しつぶされて横幅も広がったように思う。
シューズってだんだん伸びて、大きくなりますよね?
伸びてサイズが合わなくなると、当たり前だけどパカパカして走りにくい。
以前履いてたナイキのズームスピードライトも伸びてきて履くのをやめた。
自分、シューズのアウトソールは、拇指球あたりがだんだんつるつるになるんだけど、かかとはほとんど減りません。
最近履かなくなったテンポも、かかとは全然残っている。
だから、先日カブトムシさんのシューズの減り方を見てかなりびびったw


以前、NHKのランスマで、シューズはかかとのゴムがすり減って無くなったら買い替え時と言ってたので、このテンポはまだいけるかなあと思って履いてたんだけど、
さすがに走りにくいと感じてきたのでこの度引退。
このテンポは、初めて買ったアディゼロでした。
初めて履いて走った夜は、バネが効いてすっごい走りやすく感じ、衝撃的でした。
長い間ありがとう。
・・・まるで家族と別れる気分。
泣けるwww


で、ここからが本題。
テンポが引退するので、奈良マラソンが迫ったこの時期ですが、シューズを1足買おうと思っています。
実は、前々から買いたいと心の中で決めている1足がある。
ただ、今までのシューズより少し高額なので、この機会に足のサイズをしっかり計って買いたい。
自分これまで足のサイズをちゃんと計ってもらったことないw
走る前まではもっぱら26.5cmの靴を履いてて、ランニングシューズは少し大きめがいいってことを聞いたので、27cmを選んでました。
安易すぎる。
今までよく走ってきたな自分w

で、この前、スポーツ店に行ったとき、初めて足のサイズを計ってもらいました。

そこでなんと衝撃の事実が発覚。

つづくw

↓クリックよろしく♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

(25)飛騨高山ウルトラの案内が届いた

数日前、丹後に出たみなさんどうですかってことで、ランナーズ・ウェルネスから来年6/7開催の飛騨高山ウルトラマラソンの案内が郵送されてきました。

ふ~~ん。
これがえいたろうさんやロボッチさんが絶賛壺売り中という飛騨高山か。
どれどれ。
どんなコースやの?と封を開けて一応見てみた。
飛騨高山の案内

飛騨高山のコース


スタート地点は標高約600mで、初めの40kmは飛騨高山スキー場に向けてひたすら上り、最高地点は標高1345m。
その後は20kmほどで標高約600mまで一気に下り、その後、再度約900mの山を上って下りる。
その後ももう1つ約800mの山あり。

どヘンタイですかw

いやいやいや。
これはないわー。
絶対ないわー。
これは出たら逝っちゃいます。マジでwww


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

(24)神戸マラソン応援

昨日、各地で大会に出られたみなさん、おつかれさまでした。
昨日自分は帰宅が遅かったのでコメントを書けませんでしたが、
みなさんの速報記事は帰宅後すべて読んで回りましたよ。
みなさんの頑張りを見て、自分も元気もらいました。
ありがとう。

さて、昨日、自分は神戸の応援に行ってきました。
職場の後輩Mの応援と、ぐわぁTのみなさんの応援に。
福知山は豪華メンバーがそろってるので、神戸へぜひとも応援に行ってあげないといかん。

10時半、職場の後輩Fと神戸駅で待ち合わせ、
35km地点から応援しつつコース逆走ジョグを開始。
大阪マラソンと同じように、トップ選手からすべて見る作戦w
少し走ったら、ほどなく1位のケニア人ランナーが通過。完全に独走。まだ10時45分だった。
あんなスピードで走れたら、フルに出てももうゴールなんだな。羨ましいw

初めはちらほらしかいなかったランナーがだんだん増えてきて、
そして30km地点あたりで、3時間半のペーサーさんとすれ違う。
そこから10数分してひよパパさん発見!
ケーキの帽子をかぶり、パティシエの格好。
暑そう。
あの格好でこの位置でくるなんてさすがです。
ひよパパさん

その後、おふたりのぐわぁTを発見。
おひとりはお初のカステランさん、もうおひとりは分かりませんでしたが、
おふたりとも、「ぐわぁTがんばれ~!!」と手を振ったら、大きく応えてくれました。

その後、須磨海浜公園の西の26km地点あたりまで逆走し、職場の後輩Mを応援。
後輩Mは5時間9分完走でした。よく頑張りました。

ところで、下の写真は、後輩を応援した須磨海浜公園から西向きにコース風景を撮ったもの。
ボリュームゾーンだったらしく、どどどど~~~と波のように坂を駆け下りてくるランナーたちw
大迫力w
須磨海浜公園の西

自分もそろそろ神戸を走りたいなあ。
来年こそ当選させてください。マジで。(-人-)合掌

↓応援おつかれさまクリックよろしく♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

(23)ちょっと早いけど奈良マラソンのペース配分を考えた

おつかれさまです。
明日は神戸と福知山とつくばですね。
天気はとても良さそう。
みんなPB目指してがんばれ。
速報記事待ってますよ。

///////////////////////////////////

さて、自分は、奈良マラソンコースの往路を先月試走してきて、今回、復路を試走してきました。
奈良マラソンまで残り3週間。
今回は、復路レポと合わせて、奈良マラソンのペース配分について書く。
ちょっと早いけど、自分の気持ちはもう奈良マラソンにすっ飛んでるからw


朝9時過ぎ、電車で天理駅まで行き、まず折り返し地点へ。
折り返しは25km地点あたり。
今日はここからスタートです。
イチョウ並木がきれい。
当日この直後のぜんざいエイドはパスする予定。
ぜんざい、冷ましておいてほしい。
熱いねん。ふーふーする時間ないねんw
25km折り返し地点


そしてまず早速、28km過ぎから始まるこの上り坂。
ここから3km超、おおむね上りが続きます。
標高差は約70m。奈良マラソンのコース中で一番の上り坂です。
言うまでもなく頑張りどころ。
28km過ぎといえば足が重くなってきたと感じるところだけど、
今年は「まだだ、まだ終わらんよ!」(byシャア)と自分を鼓舞しつつ、
でもまだ本気を出さず、前傾姿勢を保って淡々と上りたい。
復路上り坂1

復路上り坂2


30.5km。奈良マラソン当日しか通り抜けできない天理大学の敷地の南門。
ここまでくれば、とりあえず上りは一段落。
この地点ではもう足はだいぶ重いだろうけど、上りで乱れた呼吸を整えてこの後の難関に備えたい。
この直後のそうめんエイドもパスする予定。
ごめん。自分奈良県民でそうめんはよく食べてるからw
天理大学南門


そして天理大学の敷地を通り抜け、32km手前から始まる下り坂。
ここ! ここが要注意!!(自分的に)
ここまで約3km上りを走ってきてスピードがガクンと落ちて、その後のこの見通しのいい下り坂。
上りでのロスを取り返さなきゃと、すっごくスピードを上げたくなるところ。
途中少し上るところもあるけど、35kmあたりまで長~~く下りが続く。
ここでガンガン行ってしまうと、一気に足に乳酸が溜まり、下りが終わった35km地点でゾンビ化します(実体験に基づくw)。
ここはできる限り着地の衝撃を抑え、足を労わりつつ走る。
32km地点下り坂
(※ストリートビューより)


下りが終わって35km地点。
平坦になり、コース左側にはのどかな田園風景が広がります。
ここからだ!今年はここから勝負!!
足に力をこめ、できればペースを上げていきたい。
35km地点


しばらく平坦が続くけど、奈良教育大前を通過するまでに2か所、短いけどだいぶ急な上り坂があります。
これらの急坂があることを知らないと、見たときマジか・・・と、だいぶショックを受けますw
35km地点から奈良教育大前を過ぎ、奈良公園内の東大寺南大門南にある大仏殿交差点(39km地点)までの4km。
自分は特にこの4kmを頑張りたい。
それから、大仏殿交差点の500mほど手前にも急なアップダウンがあるので要注意。
36km地点あたり急坂


39km地点の大仏殿交差点を左折。
奈良はいま観光シーズン真っ最中で、めっちゃ観光客いました。
すいません~~って感じで試走w
ここから41kmまでゆるやかに下りが続く。
当日ここはもう腕を振って転げ落ちるように走りたいw
もうすぐゴールだ!と思って、きっとここはスピードが出せるはず。
足のダメージはもう知らんw
大仏殿交差点を左折したところ


そしてラスト1kmで鴻ノ池陸上競技場に続く最後の上り坂。
この先がゴールだ。
もうここは歯を食いしばって根性で上る。
今度練習で、坂の下からゴールまでの時間を計っておこう。
最後の上り坂
(※ストリートビューより)

というわけで、復路の紹介でした。

さて、いよいよ奈良マラソンです!
天気はどうかなあ。
数年前のような雪は寒すぎるのでやめてほしいw



↓PB目指してクリック♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

(22)30km「初ペース走」やりました

前回予告した30kmペース走。
今日の午後、平日だったけど有給休暇をもらってやってきましたw
いや、午前中に別の用事もあったから。
ペース走するだけのために仕事休んだわけではありませんよw

走った場所は、いつもの平城京跡ではなく、奈良市の鴻ノ池陸上競技場の外周コース。
この前、ヤッソ800をやったところです。
ここの緑色のライン上を走ります。
鴻ノ池陸上競技場
平城京跡の1キロマイコースは直角カーブがあって足首に負担がかかるので、今回はやめ。
でも、鴻ノ池陸上競技場の外周コースは1周750mなので、ここで30キロ走るためには40周しなければならない。
・・・40周て。苦行だなw

今回のミッション。
・キロ5分(できれば数秒早め)のペースで30kmを走る。
・給水は7周(おおむね5キロ)ごとで、立ち止まらず、時計を止めない。
・肩甲骨を寄せて、ひじを引いて走ることを心がける。
・今日は左回りで。(気分的にw)

給水はこんな感じで用意しました。セルフ給水所w
セルフ給水所
5本のペットボトルに中身はそれぞれ水が150mlほど。
7、14、21、28、35周目に1本ずつ飲む。
ちなみに、上のカゴは、水を飲み終わって空になったペットボトルを、1周持って走った後に投げ入れるために用意。
完璧だw


さて。
天気は晴れ時々くもり。気温は分からないけど涼しい。15度くらい?
靴はアディゼロジャパン。あとは半袖シャツ、短パン、帽子、太ももサポーター使用。
まず入念に足や肩をストレッチ。
そして1周ゆっくりアップした後、スタート。
いくぜ(゚Д゚)ゴルァ!


(※1周750mのため3'45"/周でキロ5分相当)
■1~10周目(7.5kmまで)
3'27"-44"-36"-43"-44"-44"-40"-46"-35"-44"(36'48")

やはり1周目突っ込んでしまい、時計を見て苦笑いw
その後もときどき30秒台が出たりしてペースが安定せず。
毎周同じの周回コースなのになあ。
なんで序盤こんなにペースが乱れるんだろう。
未熟さを実感。

■11~20周目(15kmまで)
3'44"-48"-44"-43"-46"-46"-44"-42"-44"-38"(1:14'10")

ペースが安定してきたけど、20周が近づくにつれ足に疲れを感じ始める。

■21~30周目(22.5kmまで)
3'44"-45"-45"-40"-45"-43"-42"-43"-41"-43"(1:51'25")

足が疲れた。
タイムだけを見ると3'45"を超えることなく安定しているように見えるけど、
ガクンとペースが落ちないかヒヤヒヤしながら毎周ラップを確認しつつ走る。

■31~40周目(30kmまで)
3'42"-44"-43"-44"-46"-44"-45"-45"-45"-44(2:28'52")

どうやら撃沈することなく走り切れそうだ。
35周目になってミッション達成を確信。
ただ、問題は30km終わったときにどのくらい足が残るか。

■おまけの5周
3'43"-42"-43"-43"-38"

30km終了後ももう少しだけ走ってみることにした。
足の残り具合を感じるため。
でも、このおまけの5周がしんどかった(>_<)
30km過ぎたんだからもうやめようよと、別の自分が心の中で訴えるw
結局45周で終了。


というわけで、30kmの初ペース走、無事に走ることができました。
終えてみての感想。
まず第一に、走り切れてよかった。安堵したw おそるべしブログ村のプレッシャーw
エネルギー切れに備えてゼリーを1個用意しておいたものの、結局飲まなかったんだけど、
30km通過後の足の状態は、先日の土山マラソンのときよりはだいぶ残ってる感じがして、
35kmまではキロ5分を保てそうと思いました。
ただ、そこからペース上げていくぞって思えたかというと、そこまでの足は残ってはなかったかなあ。
35km以降、ペースがどうなるかアヤしい。
きっと最後は根性だなあ。
奈良マラソンは30kmまではキロ4分55秒くらいで走ろうと思います。
誰も煽らないでくださいねw

そうだ。
奈良マラソンの案内が届きましたね。
でも、封を開けてみてがっかりしたことが。
自分、Cブロックでした。厳しいなあ。
みなさん何ブロックでしたか?
スタートロスがちょっとありそうだなあ・・・。

↓とりあえず30kmペース走おつかれさまクリックをよろしくお願いします♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

(21)【予告】自分も30kmペース走をやるぞ

華さん。
これまでブログにコメントを書いたことも、当然お会いしたこともないんだけど、
前々からブログを読ませてもらっていて、
この人すげーなーと思ってる方のひとりです。
(突然お名前を出してすいません。)

その華さんが先日、キロ5分で30kmペース走をやったって記事を書いていました。
そして、それを見て、メガネくんも30kmペース走に挑戦したって記事を書いていました。
メガネくんは失敗したようですが。
いやいや、失敗について笑いませんよ、メガネくん。
ナイスチャレンジ。

実は自分、これまでちゃんと30km「ペース走」をしたことないんです。
GPSの付いた腕時計を持ってないので、ペース走をするときは1キロマイコースをぐるぐる回るんですけど、
30周も同じコースを回るのはツラすぎる、というのが理由w

自分は今まで、フルでは前半に貯金を溜めて、後半できるだけ粘るって作戦をとってきたんですけど、
理由は、キロ5分でずっとイーブンペースで走りきる自信がないから。
後半必ずペースが落ちる。ならば前半を早めに走って貯金をしておこう、という安易な発想。

でも、これまでフル5戦して、いずれもサブ3.5を失敗してきたわけですよ。
5回も失敗したら、考え方を変えないといかん。

と考えてるときに、華さんの30kmペース走の記事を見た。

はっと思った。
自分、30kmペース走をしたことない。
30kmをイーブンペースで走ってみたとき、足がどのくらい残るのか、知らない。
一度、試してみないといかん。

そりゃ30km以上のペース走に挑戦してみればイーブンペースをどこまで保てるか一番よく分かるんだろうけど、
今の時期それをやっちゃうと足をいわしちゃうのでやめておく。
それに、そもそも走り切れるのか?という不安もあるしw

キーキさんの先日のいびがわのタイム。
前半 1:43:44(4:55/km)
後半 1:42:19(4:51/km)
かっこいい。これだ。こういう風に後半上げて走れるようになりたい。

練習と大会ではアドレナリンが全然違うので、なかなかうまくいかないかもしれないけど、
キロ5分で30kmペース走。
近々、真剣にやってみます。




・・と書いてみて、自分の逃げ道を無くしてみる。
やるしかなくなったなあw

↓応援よろしくです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

(20)土山レポ4(最終回) 撃沈後のモチベーションの上げ方

2014土山マラソンレポ、最終回です。

30~35kmの5キロが30'26(6'05/km)まで落ち込んだやべっち。
時計を見て、これはちょっといかんと思った。
おい、集中力切れすぎだろ。しっかりしろ。
今回から結果をブログに書かないといかんのだよ。
サブ3.5を目指しますとか言いながら、このままずるずる落ちてって、もしこの後5キロ35分とかかかったら、こいつは口だけやって思われるやんw
ほら、自分まだブログ始めて2か月にもならないルーキーで、大切な時期だからw

ここでちょっと頑張ろうと思った。
幸いさっきのアミノバイタルと、給水所でスポーツドリンク2杯飲んだのが効いてきた感じ。
そして、さらに約100m前方に、若い登録女子ランナーが見える。
よし。あの女の子の顔を見に行くぞ(゚Д゚)ゴルァ!
まだ少し上りが続いてたけど、モチベーションが上がったw

上りが終わり、37.5キロ地点の青瀬橋という赤い橋(w)を渡り、腕を振ってスピードを上げてみる。
すぐ息が切れたw
太ももにも乳酸ががっつり溜まっている感じ。
でも、残り5キロ弱ならなんとかなるだろと思った。

ほどなく前にいた登録女子に追いついた。
ちらっと横見w
よかった。予想通り若くてかわいい子だったw
ここで日焼けしたおばちゃんだったりしたらモチベーションが下がるところだった。
ある意味この日一番のキケンな賭けだったw
35~40kmの5キロは28'20(5'40/km)。

そしてラスト。
腕を振り、歩幅を広げた。
40~42.195kmは11'39(5'18/km)。
前々から思ってるんだけど、この最後の2.195キロをぜひ11分切りしたい。
最後が早いってなんかかっこいいやん。
今思うとラストもうちょい頑張れた気がする。
また次回頑張ろう。
あ、でも次回は奈良マラソンで、ラストは上り坂だったw

ゴールゲートが見えた。
直前に90度カーブがあったけど、スピードを落とさず、そのままゴール。
ふぅ~~~。よかった。最後まで歩かなかった。
1回屈伸して、スポーツドリンクを2杯もらい、その横の記録証の発行所へ。
発行してくれるのはみんな高校生くらいの女の子。
うん、誰でもいいw
記録証を受け取り、書かれていたゴールタイムは3時間34分47秒。(土山はグロスタイムのみ)
うん。まあ、サブ3.5には遠く及ばないけど、精一杯頑張ったかな。

さて。
ゴールゲートにし~やんさんを迎えに行こう。
し~やんさんを迎える機会なんて、なかなかないだろうからw

そして、10数分してし~やんさんがゴール。
ゴールするなり、足がどうとか、シューズがどうとか、3日間休んだことがどうとか敗戦の弁w
大変でしたね。おつかれさまでしたw

少し話した後、し~やんさんは奥さん同伴だったので自分は退散。
ちょうど着替え終わった頃、雨が降ってきました。
ぎりぎりセーフ。よかった。
帰りも車でおおむねスムーズに帰れました。
途中、ファミマで買ったガリガリくんがすっごいおいしかったw

土山マラソン、真面目で硬派な大会でした。
制限時間は5時間だし、5キロごとの審判員さんの配置や、目視での通過チェック、給水所に食べ物がないとかw(バナナくらいはあったかな?)。
参加者を見ても、仮装ランナーはほとんどいなかった印象。そして速い人が多い。
ベストタイムの狙うのはきつそうだけど、トレーニングの大会としてはとてもいいなと思いました。
またそのうちリベンジしたいと思う大会でした。

(おしまい)

↓初レポ、上出来だったと思う人はクリックお願いします♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

(19)土山レポ3 突然死が待っていた

いびがわマラソンなどで目標達成できたみなさん、おめでとうございます。
羨ましいぞ。
自分も頑張らないとなあと感じています。
やはり現状維持で満足してちゃいかん。
ここ数日、近々に是非やってみようとひらめいた練習メニューがあります。
また記事に書きますね。

///////////////////////////////////////

さて、2014土山マラソンレポの3回目。

10キロ通過後、し~やんさんがいないことを確認し、一人旅を覚悟したやべっち。
まあ、とりあえずまだ元気だ。
そしてコースもしばらく上りはなく、下り基調だ。頑張るか。

給水所が見えた。
アミノバイタルを1つ、水で流し込む。
ところで、土山の給水所には、水を含んだスポンジがありました。しかも結構大きい。
エリート大会みたいと思って自分も序盤は気取ってスポンジを取ったりしてたものの、スポンジの使い方ってなかなか難しい。
結構水を含んでいたりして、首筋で絞ると予想以上にびしょ濡れになってしまったりw
スポンジの使い方については研究が必要です。

ダムの入口まで戻ってきて、さっき上ってきた坂を今度は下る。
依然として他のランナーに抜かれ基調が続く。みんな早いなあ。
ただ、でもこれだけ抜かれると、心穏やかじゃないぞ(゚Д゚)ゴルァ!
下りも頑張るか、と思い、母指球に力をこめて坂を駆け下りる。
舞い上がっていたので、これが後々で足に響いてくるとはこの時は想像せず。
マラソンは先を見据えた冷静さが大切ですw

短いトンネルを過ぎ、アップダウンを超え、18キロ地点。
高低表をみると、もうすぐ土山のコースで一番急な上り坂なところ。
見えた。
おおお~~~これかあ~~~。
予想どおりの急傾斜。なんか笑える。っていうか苦笑いw
周りのランナーも急にペースダウン。
土山18キロ過ぎの上り坂(入口)

土山18キロ過ぎの上り坂(頂上前)
※ストリートビューより

そして、1キロほど続いた急坂を上りきると、一転して急に下り坂。
両側に茶畑が広がる。いい景色。ずっと先には海でも見えそう(※山の中なので決して見えませんw)。
茶畑の真ん中の一本道を急降下。
雪が積もったときにソリで滑り降りたいようなまっすぐな坂。
あそこを押さえて走れっていう方が難しいよなあ。
いかにも足を使いそうな上りと下りでした。
土山19キロ下り坂
※ストリートビューより

長い下り坂が終わって平坦となり、田んぼが広がる。
しばらくして中間地点の標識を通過。
1時間37分40秒(4'38/km)。
あ~~~、うんうん。これはいかんやつだ。
調子に乗りすぎた。

・・・

しばらくして、やはり疲れを感じてきた。
中間地点から2キロほど行ったところ。
2つ目のアミノバイタルを飲む。
ここからが勝負所だ。

その後はなだらかな傾斜があったりするものの、それまでに比べると概ね平坦と言える田んぼ沿いのコースが続く。
土山は、5キロごとにタイム計測はないんだけど、数人の審判員さんがいて、
このほか2人の中学生くらい子がランナーの通過チェックをしてました。ゼッケン番号を控えてたみたい。
さすが真面目な大会だ。

26キロ過ぎで折り返し。
入りやすそうなトイレがあったけど、パス。
あとは初めの場所に帰るだけだ。頑張れ自分。
折り返して後続ランナーとすれ違う部分があったけど、やはりし~やんさんはいない。
ここで唯一のジェルを投入。
いつもどおり甘ったるくてまずい。もっとおいしいのないのかな。

いくつか集落を抜け、30キロ地点を通過。
ここで急速に足が重く、しんどくなってきたと感じた。
時計をみると、25~30kmの5キロが26'50まで落ちている。
やばい。平坦と思って油断した。ペースがだいぶ落ちてるじゃないか。粘りどころだ。
最後のアミノバイタルを投入。
でも一気に集中力が切れてきた。
ここで集中力を保てる人がきっとサブ3.5できるんだよなと思いながら、でもペースを保てなかった。
し~やんさんがここで後ろから現れて喝を入れてくれないかなと後ろを振り返ったものの、やはりし~やんさんはおらず。

平坦から、ゆるやかに上りが始まった。
ここから37キロ過ぎまでは上りが続いたはず。
そう思うと、突然死のごとくスピードがガクンと落ちた。太ももの筋肉痛が急に激しくなった。
ここから下りならともかく、上りが続くとなるとペースアップは難しいことは容易に分かった。
ここで歩いたら楽だろうなあ、サブ3.5が無理なら歩いちゃおうかなあと考えた。弱い。

30~35kmの5キロは30'26(6'05/km)まで落ち込んだ。
これまでのフルマラソンで、5キロ30分を超えたのは初めてだった。

(つづく)


書いてて情けない(^^;)
↓また練習頑張れクリックをよろしく♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

(18)土山レポ2 し~やんさん失踪

2014土山マラソンのレポ2回目。

いよいよスタートです。
土山は、一斉同時スタートじゃなくて、
10時25分フル女子、10時30分フル男子、10時40分ハーフ女子、10時45分ハーフ男子のウェーブスタートでした。
スタートブロックには、フルとハーフごとに、登録女子、一般女子、登録男子、一般男子という順で並びます。

まずフル女子がスタート。
後方に控えるフル男子陣が拍手でお見送り。
みんな拍手するのがちょっとおかしかったw
これから男性陣は、女子のお尻を目指して走るという展開w

そしてフル男子がスタート。
時計をスタートさせるピッって音がたくさん一斉に鳴り、みんな一斉に走り出す。
何発かバンバンバンと打ち上げ花火が上がる。

スタート後、自分はし~やんさんの斜め後ろに付けた。
今回の作戦としては、し~やんさんの前には決して出ないことと決めていた。
実力的に絶対かなわないし、でも最初からあきらめるのではなく、できる限りついていって粘ってみようという作戦。

初めの1キロはやや下り。
スタートして2分ほどで、し~やんさんが言った。
「速いな・・・」

しばらくして1キロの標識を通過。
時計を見た。そして、し~やんさんに言った。
やべ「4分6秒です。」
やや下りとはいえ、速い。速すぎる。
自分、5000m走でやっとこのくらいですけどw
でもし~やんさんはペースを落とさない。
一時、10メートルほど離れた。
でも、なんとかついていく。

2キロから3キロにかけて、上りが出てきた。
2キロ通過は8分20秒(4'10/km)。

そして3キロ通過。追いついた自分は、再度し~やんさんに進言。
やべ「12分40秒(4'13/km)ですけど・・・」
上りなのに。
言葉にならなかったが、「ペース落としませんか」というテレパシーを送り続けていたw

今回、周りのランナーがみんな速くて、自分達2人は全般的に抜かれ基調でした。
そこそこのスピードで走ってるはずなのに、こんなに抜かれるってどういうことやねんって思った。
だから、速いとは思っても、バンバン抜かれてる現状をみて、なんかペースを落とすに落とせなかったというか。
だてに陸連公認コースじゃないな。
受付時にもらった冊子で過去の土山の優勝者をみると、結構有名な人が優勝してるんですよ。
安部友恵とか谷川真理とか市橋有里とか。
おそるべし土山。

その後はゆるやかな上りとなり5キロ通過。22分30秒(4'30/km)。
このあたりでやっと少しペースが落ち着いたと感じた。

5キロ地点を少し過ぎてから、前方にダムへ続く上り坂が見えた。
まずあの坂を上らなきゃいかん。
し~やんさんの前に出ないと決めていたが、ちょっと勢いをつけた方が上りやすそう。
それに、ずっとし~やんさんに引いてもらうのは申し訳ない。
そこで、少しし~やんさんの横に出てみた。
そしたら、し~やんさんがひじが当たりそうなくらい近くに寄ってきた。
やべ「あまり寄らないでくださいwww」
笑っていった。
そしてそのままし~やんさんの少し前に出た。
ここは自分が引くので、し~やんさん休んでおいてくださいと心の中で思った。

そして何とかダムの入口までの坂を上り切り、呼吸を整えて、また巡航スピードで走り始めた。
程なくし~やんさんがまた抜いてくれるはずだ。
そしたらもう一度自分はし~やんさんの後ろに下がろう。

と思ってる間にダム湖の奥まで進み、短い急な上り坂があった後、10キロ地点を45分58秒(4'36/km)で通過。
その後、田んぼの間を通り、見通しの良い直角カーブがあった。ここだ。
後ろを大きく振り返り、真っ黄色なぐわぁTを探す。

・・・?

・・・し~やんさん、いない??

もう一度、結構後ろまで見渡したが、やはりいない。

えええ~~~いないぢゃ~~ん(ToT)

ゴール後し~やんさんに聞いたら、5キロ過ぎで既に足にピキンときてたらしい。
抜かすとき、近くに寄ってきたのではなく、よろめいたということらしい。

もう一度ひっぱってもらおうと思ってたのに。こういう展開は予想していなかった。
強力なリーダーを早くも序盤で失ったやべっち。
これからどうなる??

(つづく)

↓つづきが気になる人はクリック♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ♂
主に平城宮跡で練習しています。第70回富士登山競走に挑戦したものの完走できず、リベンジを目指します。

【ベストタイム】
■3000m 0:11'27"
(2015.4奈良陸協記録会)
■5000m 0:20'14"
(2017.5奈良市民体育大会)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:28'35"
〈グロス3:29'51"〉
(2014.12奈良マラソン)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

【今後の主な大会予定】
■2017.9.17
 丹後ウルトラ(100K)
■2017.11.3
 忍者トレイルランニングレース(ショート)
■2017.12.10
 奈良マラソン
■2018.2
 泉州国際or木津川? ※

※印は予定。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村