FC2ブログ

(776)なんとなっちゃんが

やべっちです。

この度無事に高校を卒業し、4月から大学生になる娘のなっちゃん。

今度、近所のパン屋さんでバイトを始めるんだそうだ。
昨日面接に行き、無事採用してもらえ、毎月バイト代がもらえるんだそうだ。
パンを作るらしく、徒歩で行けるお店だから朝一で行く!と張り切っている。

娘が働いてお金をもらえるようになる。

おとーさんとしては感無量だ。泣けるw


自分としては、大学合格よりも、よっぽど感慨深く思う。
学力よりも、生活力の方がよっぽど大事と言って、子どもを育ててきた。

なっちゃん、そういえば中高通じて結局、塾には行かなかったな。
中3になるトッティも、今のところ塾に行く予定はない。


そのなっちゃんが、自分のやったことについてお金がもらえるようになるなんて。
生きていけるわけですよ。

めでたい。これはめでたいw
1週間はこれでおいしいお酒が飲めるw


これから4年間は、何事も社会経験だ。
楽しいことも、つらいことも。がんばれ。
すぐ辞めたりするなよw


とりあえず、面接してくれたパン屋さんの店長さんが40歳くらいの女性だったらしく、
安堵して面接から帰ってきたなっちゃんでしたw


また、なっちゃんのバイト話を書こうと思うので、つづくw



にほんブログ村

スポンサーサイト



(775)久しぶりの六甲山

やべっちです。

2月下旬と3月のマラソン大会が軒並み中止となり、
この冬シーズンは強制終了となった人も多いかと思います。
残念です。

この3連休中、開催されるはずだった姫路も中止。
中止と聞いて、ああやっぱり・・・と思っていたところ、
週半ば、暇になった面々から六甲山に走りにいかないかとお誘いをいただきまして。

なんでも、自分以外のみんなは、姫路等の中止が決まるやいなや、替わりに出られる大会がないかさっさと調べ、
3/22開催の六甲山でのキャノンボールに申し込んだそうで。

みんな、変わり身が早すぎだろw
中止になって、少しは落ちこめw

てか、キャノンボールだけじゃなくて、やべっちオススメの4/12大阪府チャレンジ登山(チャレンジダイトレ)もあるんやでw


というわけで、2/24(月・祝)朝、宝塚に集合。
一緒に行ったのは、まくりくさん、カブさん、やまけんさん。
六甲山1
(写真はみんなが撮ってくれたものをお借りしています。ありがとうございます。)

うちから六甲山は少し遠いので、自分、六甲山を走るのは、大昔にゆるりんに連れて行ってもらった以来。
このブログを始める前だ。2013年くらいw

久しぶりの宝塚だったので、道はほぼほぼ覚えていなかったw
今回みんなに誘ってもらってよかった。自分ひとりじゃ迷子まちがいなしw


塩尾寺から山に入り、一軒茶屋を経て、六甲山最高峰931m。
六甲山2

途中、すごい人とすれ違いまして。
なんと、飯野航(いいのわたる)氏。
六甲山5
なぜか一段高いところから、ドヤ顔の自分。すいません。とてもすいません(^^;)
やまけんさんが撮ってくれました。ありがとう!

すれ違うとき、「あっっ!?」と気づき、
次の瞬間、「飯野さん!握手してください!!」と言っていたw

飯野さんは気さくな人で、4~5分も立ち止まってくれた。
声は、グレートレースの番組で見た通りだった。
自分、飯野さんのレースは、録画して何回見たことか。
ああいう旅レースに出てみたいと感じ、自分ができる最大限だろうと思うUTMFを目指すきっかけになった人とも言える。

どうも飯野さんは、昨年、設計エンジニアからレース関係のツアー会社に転職されたらしく、
東京に住んでいるんだけど、六甲5ピークストレイルレースの関係で関西に来て、
ついでに六甲山を「軽く」縦走して帰る途中とか言っていたw

足を止めてしまってすいませんでした。
偶然に感謝。とてもいい人だった。これからも応援したい。


その後、自分たちは、摩耶山掬星台(きくせいだい)。
六甲山3
青春の1ページみたいな写真だけど、実はみんないい年齢(ぼそ)


市ケ原まで六甲山を走り、布引の滝を経て、新神戸駅まで下ってきました。
そして、二宮温泉で汗を流し、王将でカンパイ。

楽しい一日でした。みんなありがとう。
今度の土曜日、長く走る予定があるので、力を抜いて走ったつもりなんだけど、
宝塚~新神戸で、もろもろ含め6時間半かかり、現在絶賛筋肉痛中w

岩道の下りが効いたなあ。下りの衝撃に耐える練習、できてないもんな。
まくりくさんが登りの練習しなきゃと言っていたけど、自分はトレイルで大切なのはむしろ下りと思う。
もっと下りの衝撃に耐えられる練習しないとな、と思いました。


まあ、まずもって次の土曜日。
走れない予感しかしないけどw

でも、これはやまけんさんも一緒のはずだw
がんばろうw



にほんブログ村

(774)奈良の小さな町のすごいマラソン大会

やべっちです。

東京マラソンの一般ランナー参加が中止になっちゃいましたね。
そして、じゃあ、他の大会は大丈夫なん?とささやかれたりしていて。
もわもわして嫌ですよね。
てか、姫路城も中止のうわさ。本当に??

日曜日、京都や泉州が無事開催されてよかった。
みなさんお疲れさまでした。ナイスラン。



さて、京都や泉州が開催された、雨だった2/16(日)。

わが家は、自分・みほ・トッティ(中2)・トッティの陸上部友達(中2)の計4人で、
奈良県三宅町という小さな町が主催する三宅町マラソンという大会に参加してきました。
小さい大会とはいえ、今回が第42回大会。
自分も今まであまりなじみがなかったけど、昔から陸上競技に力を入れている町らしい。
覚えました、三宅町!

そして、なんとこの大会も参加料が無料。
自分の知っている限り、奈良県内では、とりあえず、大和郡山市、安堵町、三宅町のマラソン大会が無料。
すばらしい。ありがとうございます。

この三宅町マラソンは、今回から新コースになったらしく、中学生の部は3.5km。
そしてこの3.5kmには、一般・高校生の男女とも同時スタート。
というわけで、この大会を今冬のトッティとの勝負の場に選んだわけですw
そして、トッティから、部活の友達で出たい子いないか声をかけてもらって。


当日は、残念ながらの雨。
でも、3.5kmなら耐えられるので、自分は袖なしシャツ、短パンで出走。
手袋、アームカバーも無し。
シューズはターサージール5。

そして、トッティと、トッティの陸上部友達は、中学校の陸上部ユニフォームのランパンランシャツで出走w
三宅町の地元中学校の陸上部の子たちがたくさん参加していて、記録会等でお互いたびたび見ているから、すぐバレちゃう。
いろんな人が、トッティ達を二度見していた。
「ああっ!○○中学!?」みたいなw
殴り込み感がハンパないw


案の定、スタート前、自分たちが3列目くらいで待機していたところ、すっと、地元中学校の陸上部の黄色いランパンランシャツの子が、トッティ達の真後ろに並んできた。
きたきたきた、と思ったw

その子の足元を見ると、シューズはピンク色のヴェイパーフライ!
ガチ感が漂う。この子、トッティ達を見つけ、絶対メラメラしとるw
こんなシューズを買ってもらってることから想像すると、おそらく地元中学校のエース級だ。
地元の大会で負けられないと思ったんだろう。

けど、今回一緒に来たトッティの友達だって負けていない。
部の長距離で、2番目に速い子だ。


号砲直前、その子に、「本気でいけよ。」とこそっとささやき、気合い注入w
そして、よーいどん。

スタート後、その子がどんな走りをするのか、目で追っていた。
けど、自分とは天と地ほどのスピード差。
あっという間に見えなくなった。残念。

一方、トッティの背中はしばらく見えた。
トッティは短距離選手なので、長距離はそんなに速くない。筋肉が重そう。
それでも、もはや自分よりは全然速く、1km手前から徐々に引き離されていった。

自分もめいいっぱい飛ばし、喉の奥に血の味を感じながら走ったw
中学生や他の一般ランナーと抜きつ抜かれつしながら、3.5kmを13分44秒(キロ355)、一般・高校生男子の部9位でゴール。

トッティは12分47秒(キロ339)で、中学生男子の部9位だった。
自分と約1分もの差。まいった。完敗。

そして、トッティの友達は、12分04秒?(キロ327)で、中学生男子5位だった。惜しい!
ゴール後に聞いたところ、ロードの大会は今回が初めてで、慣れてなく、雨もあり、後半に滑って転んだそうだ。
足を擦りむいていた。幸いキズは浅く、救護テントで大きな絆創膏を数枚貼ってもらった。
でも、5位だったけど、地元中学校の子たちには一人も負けなかったそうだ。でかしたw
(ちなみに、隣町からもっと速い子が走りにきていたようで、その子たちに負けたようだ。)


と、まあ、この日曜日は小さな町の大会に参加し、トッティとその友達のおかげですごく楽しませてもらったんだけど、
この大会、すごいのはこれだけではない。

何がすごいって、
ワイナイナ1

ワイナイナ2

ゲストがエリック・ワイナイナw まじかw
YOUはどうして京都や泉州もやってる繁忙期に、人口6800人ほどのこんな小さな町のマラソン大会にwww
手を伸ばしたら、触れる近さだったw

そしてワイナイナは、挨拶だけじゃなく、なんとみんなと一緒に走ってくれていた。
ゴール後は、みんなに囲まれ、快く写真やサインに応じていた。

ワイナイナは、ゴール後、肩にタオルをかけていたんだけど、小さな子に写真を求められて、はっと気付いたようにタオルをわざわざ取って、写真に応じていた。
とてもいい人だw


最後に、みほですが。
一緒に3.5kmの部に参加しまして、
三宅町メダル
(表と裏)

一般・高校生女子3位に入り、銅メダルをもらってましたw
430で走れたと言っていたけど、まあ、大して参加者はいなかったと思われ。

でも、完走メダル以外では、人生初メダル、生涯でもきっと唯一のメダルだと喜んでおりましたw



にほんブログ村

(773)大苦戦したおんたけ100K 0次関門

やべっちです。

昨日は、2020年OSJおんたけ100のエントリー日でした。
みなさん、当たり前のようにエントリーしましたよね? 人気大会ですよw


開始時間は、夜0時。
眠いっちゅーねんな。

自分、普段、こんな時間まで起きてない。
明日は月曜日で仕事なので、本当は一刻も早く寝たい。
が、おんたけは是非ともエントリーしなければならない。
夜中を走る経験を積む、貴重な大会。


23時には、すぐ寝ることができる準備を整え、パソコンをスタンバイ。
1時間前。
早いw

エントリー開始まで時間があるので、当然、まだエントリーは始まっていない。
スポーツエントリーを確認しても「受付前」の表示。

が、その画面を下の方にスクロールしていったところ、エントリー必要事項の下書きができるページをみつけた。
あらかじめ必要事項を入力しておいて、0時になってエントリーページに繋がったら、
既に必要事項が書かれていて、ちゃっちゃとエントリーできるというシロモノだ。

これはいいものを見つけた、と思い、ゆっくり下書きを入力。
あとは0時を待つのみ。


自分、過去、0次関門は失敗したことがない。

あ、すまん。1回だけある。
数年前、奈良マラソンのエントリー時に、狙われていたかのように家が停電にみまわれたことがあるw
停電なんて滅多にならないのに。
あれには参ったw

今回も準備は万全。
勝った。0次関門は今回も楽勝だ。
そう思っていた。


そして0時になった。
スポーツエントリーには既にログイン済み。

早速エントリーページにアクセスする。
繋がらない。

まあ、最初の数分は繋がらないのが普通。
これは折り込み済み。
このくらいでは焦らない。


そして、5分ほど経ってから、繋がった。
よっし!釣れた。順調だ!

が、やはり少し焦っていたのか、100kmの部をエントリーするところ、100マイルの部を選択してしまっていたようで、
確認画面でそれに気づき、「戻る」ボタンを押した。

そしたら再び待機画面に戻ってしまった。

く~~、しくった(>_<)


でも、まだ開始5分。
大丈夫だ。まだ繋がるはずだ。

と、思ったが。
その後は全く繋がらず。


10分経過。


20分経過。


そして、30分が経過。


さすがに焦り始めた。こんなことは過去経験がない。
もうエントリーが終わっちゃったんじゃないか?
不安になる。

別画面を開き、確認すると、まだ「受付中」の表示。
まだエントリーは終わっていない。

でも、もうかなり締め切り間際なはずだ。
時間的猶予はもうほとんどないと思った方がいい。

4ポイントの山中温泉には既にエントリーしている。
でも、トレイルの大会って何が起こるかわからない。
天候等により時々中止になるし、レース中にトラブルに見舞われるかもしれない。骨折だってある。
そう考えると、やはりおんたけ100Kにはエントリーしておきたい。
今年、UTMFのエントリー資格を得られなかったら、かなりがっかりする。

なんとかエントリーページに繋がる方法はないか?
くっそー、さっき一度繋がったのに。
逃がした獲物は大きい。


そして、40分が経過。

まずい。


あと、考えられる手段はスマホ。
自分、スマホではエントリーしたことない。
パソコンで繋がらないのに、スマホでは繋がらないやろ?電波弱そうやん。

と思いながら、わずかな望みをかけて、スマホでエントリーページにアクセスしてみる。


なんと一発で繋がった。( ̄□ ̄;;)はう


まじで?スマホでこんなあっさり繋がるん?自分騙されてない?

その時、パソコン画面は相変わらず待機中。
お待ちくださいの表示。

やむを得ない。不得意だけど、スマホでエントリーするしかない。

小さな画面で、慣れない文字入力を必死にした。
今度はちゃんと100kmの部を選択。
そしてクレジットカード番号を入力し、決済。

幸いここで、あらかじめ入力しておいた下書きがとても役立った。
まだ、ツキがあった。

そして、最後の確認ボタンをクリック。
すると、すぐに、エントリー完了メールが飛んできた。

エントリーできたのか?本当か?
何度も眠い目をこすり、エントリー完了メールを確認した。

このとき、0時55分くらい。

なんとかエントリーできたようだった。
0次関門で、小1時間の格闘は最長記録。
とても厳しい戦いだった。


結局今回、おんたけ100は何時くらいに定員に達したのか知らないんだけど、
今日、スポーツエントリーを確認したら、やはり受付は終了していた。

とりあえず良かった。
0次関門でこんな苦戦したのは初めてでした。

UTMFへの道はなかなかの険しさだw


おんたけ、エントリーできた方いたら、教えてくださいね!



にほんブログ村

(772)矢田丘陵はじめました

やべっちです。

日曜日、矢田の里 春風マラソン(大和郡山市民マラソン)に出て、思い出したからってわけじゃないんですけどw
2/11(火・祝)、今年も矢田丘陵練はじめました!

自分、飽きもせず、トレイルの練習はやっぱりここ。
300数十メートルしかない低山だけど、適度なアップダウンが続き、ずっと走り続けられるのがいい。
風を切る感覚が気持ちいい。
心肺練習にもなる。


久しぶりにトレイルを走った。
去年11月の生駒チャレンジ登山大会以来かな。

今回は時間がなかったので、2時間しか走れなかったんだけど、
予想以上にキツかった(>_<)

そして、火曜日、とても寒かった。

上は、アンダーシャツ、保温コンプレッション、ウインドブレーカー。
下は、保温タイツ、短パン、厚手ソックス。

矢田丘陵は途中に池があるんだけど、一部、氷が張っていたからね。
まあ、高山のマイナス10度とかに比べたら全然甘っちょろいんだろうけど。

でも、大阪とかに比べたら、奈良は寒い。
生駒山を超えると、明らかに寒いw

けど、寒かったくせに、結構汗をかいたのは不思議だった。
空気が冷たく、終始寒さを感じていたし、あれより薄着はないと思うなあ。
どういうこっちゃ。


ところで。
久しぶりにトレイルを走った結果、課題は山積な感じ。

まず、いつもほぼ歩くことなく走り切れるんだけど、今回2回ほど「キツっ」と思い、歩いてしまった。
最近ロードばかり走っていたからか、トレイルを走る筋力が退化していると感じる。
太ももが上がらない。登りが一苦労。

それから何より、左足がちゃんと地面をつかめていない。
走りが右足に頼りすぎていて、左右のバランスが悪い。
左足がかかとで着地している。
左足を強化するとともに、左足首を早く治したい。

そして、左足をろくに使っていないにもかかわらず、後半、左ひざが痛かった。
軟骨が弱っているのかなあ。
もっと着地を柔らかくしないといけない?
2時間でこんな状態では、ロングトレイルなんてとてもじゃないけど足がもたない。
対策・工夫が必要。


目標を立てる。
6月の山中温泉までに、矢田丘陵練を10回はしよう。

気が重いw


自分のためだ。頑張ろー。



にほんブログ村

プロフィール

やべっち

Author:やべっち
1973年生まれ
2018年富士登山競走山頂を完走し、今後はITRAポイントを貯め、2021年UTMF完走を目指す。


にほんブログ村

【主な戦歴】
■3000m 0:11'27"
(2015.4)
■5000m 0:20'14"
(2017.5)
■10km 0:40'33"
(2015.1川西町マラソン)
■かっとび伊吹 1:31'08"
(2015.8)
■富士登山競走五合目 2:01'30"
(2016.7)
■富士登山競走山頂 4:28'29"
(2018.7)
■ハーフ 1:30'59"〈グロス〉
(2017.1大阪ハーフ)
■フル 3:28'35"
〈グロス3:29'51"〉
(2014.12奈良マラソン)
■大阪府チャレンジ登山 4:43'58"
(2018.4)
■全鯖 9:19'16"
(2017.5鯖街道ウルトラ)
■100km 10:49'14"
(2015.9丹後ウルトラ)

【今後の大会予定】
■2020.4.12
大阪府チャレンジ登山36K
■2020.6.21
山中温泉トレイルレース80K
■2020.7.24
おんたけ100K
■2020.9.20
丹後100K

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブログ村